アイエナジー専属となった栄川乃亜がいきなりウルフ田中との激しいカラミ

アイエナジー専属となった栄川乃亜の第一弾。ドキュメントという事で冒頭約35分は酒を飲みながらのお喋り。アイエナジー専属になるまでの苦労や思いを熱く語り、これを見れば理解できる。1発目のカラミは、ほろ酔いでデカチンのウルフ田中と。小柄な栄川乃亜がデカチンで壊されそうなほど突かれてイキ狂う。2発目は日の出を待って監督とプライベート感のあるカップルのようなイチャイチャセックス。>>感想
(FANZA 栄川乃亜 ほろ酔いイチャラブセックス)

シーン1

アイエナジー専属第一弾となる栄川乃亜。メイク中に突撃インタビュー。
監督「一応こう ドキュメントという事で」
栄川乃亜「はい あんまりドキュメントないから そうなんですよ 何していいのかわからないんですよ」
監督「いやまぁ自由でいいですよ 栄川乃亜のこれからの事と これからの事みたいな」
栄川乃亜「わかりました そうですね せっかくの第一弾の作品なんで」

お酒を飲みながら語ろうという話になる。お酒は強いらしい。
栄川乃亜「今までこういうのないんですよ お酒飲んでみたいな」
ここでは5分ほどお喋り。ドキュメントらしくナチュラルな表情が見られるのが良いです。

夜の町中を監督と2人で喋りながら歩いて居酒屋へ。
普通に注文するところから撮っています。
栄川乃亜「最近 馬刺しハマってるんですよ馬刺し」
ビールが来てみんなで乾杯。オフに居酒屋で喋っている感じでお喋りします。
20歳を超えて、お酒を飲むイベントが多くなったらしい。
人見知りしないのが悩みで、初対面でも馴れ馴れしい自分にヤバさを感じていると。
AV女優としては3年目。
栄川乃亜「時が経つのは早い マジで早い でも正直こんな続くとは思ってなかったですよ っていうか 続く続けないとか決めてなかったですよ自分の中で」
本当に居酒屋トークで、居酒屋で飲む楽しさが伝わる動画になっています。
もともと喋りが達者ですが、酔ってヒートアップする。早口で喋るから、のんびりした性格の人とは相性が悪いらしい。
AVを始めたきっかけとか、仕事の向き合い方も語る。最初は兼業でやっていたので、AV専業になってからは楽だったと言う。だから長く続いているのかもと。賞をとってもAVの仕事に繋がらないなどの事情も興味深かった。
めちゃくちゃ喋ります。熱いマシンガントークに監督もたじろいで笑っていた。
いろんな仕事が増えた中で、原点に帰ってAV作品に力を入れたいという気持ちになり、アイエナジー専属を決めたという。
熱く喋り終えたところで苦労も思い出し、
栄川乃亜「ちょっと泣きそうです(笑)」
キカタンでやって来たけど単体女優になるためにマネージャーが駆け回ってくれたらしく、でも話がまとまらずに諦めようとしていた。そこをアイエナジーが拾ってくれたと。
栄川乃亜「もう涙が出ました あの時は 心が折れかけていた時に言っていただけたので」
苦労話を聞くと、この作品の重みを感じる。
監督「もう ちょっと独演会と化してきてるんですけど(笑)」
全てをさらけ出すような居酒屋での独演会は約29分。

酔った状態でホテルの部屋に移動。部屋ではウルフ田中が待っていました。
ウルフ田中「専属……」
栄川乃亜「あははははっ はい」
ウルフ田中「って事で お祝いしたいなと」

シャンパンで乾杯。
ウルフ田中「こういう姿の栄川乃亜さん 初めて僕見るんで」
栄川乃亜「あ そっか たしかにそうですね」
ウルフ田中「すごく新鮮だなぁと思って」
栄川乃亜「いつも幼い感じの方ですよね そうですよね たしかに」
ウルフ田中「大人っぽい感じで なんかこう」

素に近い、大人な栄川乃亜を見るのは初めてというウルフ田中。たしかに新鮮です。

お酒を口移しするようなキスから、そのまま長時間のディープキス。

ソファに寝かせて膝枕のような体勢でキスを続ける。
いきなりのキスラッシュが激しい。シャンパンを口に含んでまたキス。
おっぱいも揉む。

膝立ちでキスをしながらお尻を揉む。
キスのAV記録を狙うかのように、ずっとディープキスを続けています。

四つん這いにして背中にキス。
背中からお尻までキスしたり舐めたりで、
栄川乃亜「どこまで舐めるんですか?(笑)」
堪えかねて口を開く。

立って服を脱がし、下着姿にして手マンしながらキス。

手マンで膝がガクガクッと崩れると、抱えて移動する。
鏡の前で姿を見せて恥ずかしがらせる。
栄川乃亜「ううっ 恥ずかしい(笑)」

鏡の前でブラを外しておっぱいを揉んで舐める。
体格差がありすぎて犯罪的な画。

パンツの中に手を入れて手マン。
栄川乃亜「うううううぅ……」
クチュクチュ音がして、
栄川乃亜「あぁイッ……!」
ビクンッとイキます。

腰や太腿を舐めまくりながらパンツを脱がせる。
あまりの舐めっぷりに笑っちゃう栄川乃亜。

乳首をコリコリしながらの手マンから、激しいクンニでイっちゃう。

キスしながら服を脱ぐウルフ田中。
上半身裸になったところで乳首舐め。

ズボンを脱がして、目の前にある大きなテントを見つめる。
栄川乃亜「すごい……」

ウルフ田中がチンコをパンツのゴムで弾いてブルンと出して見せる。
ウケが良かったので3連続でやっちゃいます。
栄川乃亜「すごい そんなに何度もやらないで(笑)」
デカチンを何度も見せられるリアクションがかわいい。
Image from Gyazo
ウルフ田中「やってみる?」
栄川乃亜もやらせてもらって成功。
デカチンで遊んで楽しそう。

太すぎるチンコをフェラ。
最初はペロペロと舐めていて、こんな太いのを咥えられるのかと思いましたが、さすが3年目のAV女優。がっつり咥えます。

ウルフ田中が座り、栄川乃亜が四つん這いでフェラ。

玉も舐めたり吸いついたり。
小さい手で握ると竿の太さが際立つ。
ウルフ田中「すごいオチンポが顔と同じぐらいの大きさになってる」
栄川乃亜「フフフッ」


玉からさらに下りてアナル舐め。

栄川乃亜をテーブルに乗せてクンニ。
栄川乃亜「イクゥーッ!」
さらに手マンで潮を吹かせる。

椅子の上で股を開かせて、挿入するかと思いきや入口で擦る。
栄川乃亜「入れてっ」
と言われて挿入。
ウルフ田中「奥までいい?」

栄川乃亜「ううううぅ はぁはぁはぁはぁ」
小さな体に太いチンコが出入り。

持ち上げて駅弁。

立ちバックで片脚を上げて、イって崩れる。
大絶叫で喘ぐ激しいカラミ。

鏡の前でバック。
この体格差で容赦ないピストン。
栄川乃亜「奥が気持ちいいぃ…… いっぱい奥突いて」

本当に気合の入ったセックスというか、激しい。

ヘトヘトですが、しがみつくような立ちバック。

突き終わると崩れ落ちますが、すぐに起こされて引っ張られる。

ソファで正常位。
栄川乃亜「イクッ イクッ 言っちゃうぅ!」

汗だくで騎乗位。

フィニッシュは正常位で中出し。

シーン2

日付は12月15日の3時20分。
朝日を待つまでの時間に酒を飲む。
栄川乃亜「完全にもうアレだよ もう忘年会が終わった後の三次会ぐらいの人たちになってるもん」
本当にAVとしてはブッ飛んでいるというか、素人の深夜の生配信のノリ。
栄川乃亜「大丈夫だろうか これを見ている人は」
監督が言うには栄川乃亜とお酒を飲んでいるような気分になれるビデオも良いと。

4時を回り、「寝たら終わる」と言っていたのに寝ちゃいました。
でもすぐ起きる。日の出からセックスを撮る予定なので、監督は2時間なら寝られると言う。
監督が起こすけど、起きなかったらそのままセックスしちゃうとも。
栄川乃亜「こわっ(笑)」

ガチ寝。監督は起きて日の出を待つ。
プライベートっぽいというか、現場の生々しい裏側というか、不思議なドキュメント。

6時30分、栄川乃亜を起こす監督。
栄川乃亜「ダメだわ もう頭働かないよ」
監督「朝日とともにセックスっていうのがコンセプトなんで」

起きて大きなあくび。

目が半分しか開かないくらい眠そうだったので、
栄川乃亜「ちょっと真剣に起きてくるわ」
顔を洗って歯磨き。普通にホテルで一夜を過ごしたカップルの朝みたい。

監督「すごいすよ めっちゃ朝ですよ」
窓際にテクテクと歩いて、
栄川乃亜「あれなにー?」
太陽の反射でした。それにしても、どこかノスタルジーを感じるような不思議な映像。

普通のカップルの朝という雰囲気が面白い。

寝ていない監督も眠くて、
監督「目が覚めるようなセックスしてほしいです」
栄川乃亜「あははっ 目覚めるかなぁ(笑)」

お互い眠い中でこれからセックスするという。ちょっとダルそうなところもリアル。

バスローブを脱いで下着姿になる。
栄川乃亜「黒」
めっちゃ彼女感あります。
頑張って起きていたので癒してほしいと言ってキスをしてもらう。

監督のバスローブを脱がせて乳首舐め。
栄川乃亜「乳首さんがすごいことになってる」

チンコをサワサワして反応を楽しんでいるのもかわいい。
そのまま手コキしながら乳首舐め。
栄川乃亜「元気になった?」
監督「目覚めました」


栄川乃亜「私も目覚めた」
股の間に移動してフェラ。
昨晩のチンコに比べたら咥えやすそう。
栄川乃亜「めっちゃ元気になった(笑)」

朝からけっこう激しくジュボジュボします。
咥えながら笑顔も見せてかわいい。
栄川乃亜「カチカチになりました」

やっぱり彼女感あるし、朝の独特な雰囲気も良い味になっている。
栄川乃亜「楽しくなってきちゃった(笑)」

フェラで責めて嬉しそうなところもかわいい。
監督「ヤバいです」
栄川乃亜「フフフフッ」
監督「あぁ気持ち良い」
栄川乃亜「めちゃ硬くなってますけど」


朝日の前でおっぱいを揉む。
AVだけど幻想的ですらある画。

おっぱいを舐めてキス。
パンツを脱がせてクンニ。

手マンと手コキ。

正常位で挿入。
昨晩のウルフ田中との激しいセックスを見た後だと臆しちゃいそうだけど。

騎乗位。楽しそうにピストンしてます。
監督「おぉ すごい」
栄川乃亜「フフ あーとか おーとか ばっかり言ってる(笑)」


騎乗位でイってグッタリ、その体勢から正常位へ。

監督「あぁ出ちゃいそう……」
正常位で中出し。

栄川乃亜「まだ(笑)」
監督「まだ?」

チンコを握ってきて、
監督「まだ出さそうとしてます?」
栄川乃亜「うん(笑)」

とりあえずお掃除フェラ。

激しいフェラ。

最後は手コキで、
監督「あぁヤバい出ちゃう 出ちゃうよ」
栄川乃亜「いいよ」

 ドピュッ ドピュッ
栄川乃亜「あっ ちょっと」
蓋をするように咥えてくれる。

7時40分、撮影終了。
監督「アイエナ専属頑張ってください」
栄川乃亜「はい 頑張ります」
監督「2発目からは多分 ちゃんとしたAVだと思うんで」
栄川乃亜「あははっ でもこれで どうしてこうなったのか わかってもらえるはず」
監督「もう寝ましょう」
栄川乃亜「はい寝ましょう」

朝日の中で寝る。

感想

栄川乃亜のアイエナジー専属第一弾。冒頭のトークでわかりますが、かなりの苦労と思いがあったうえでの専属なので、力の入った特別な作品になっています。第一弾をドキュメントにして正解だったと思う。居酒屋でのマシンガントークもいろんな事情を知れて興味深かった。冒頭35分をトークに使った事により、ドキュメントとしての重みが増しましたね。結果、独創的な作品になった。監督も最後に「2発目からは多分 ちゃんとしたAVだと思うんで」と言っていたように、今回はかなり特殊。

シーン1は飲んで酔ってからデカチン男優・ウルフ田中との激しいカラミ。専属1発目から激しさMAXを出す事を狙ったような印象もあります。147cmと小柄な栄川乃亜と大柄でデカチンのウルフ田中の体格差は犯罪的な画でした。チンコを見た時のリアクションも良かった。

シーン2は独特な雰囲気を持っていました。監督とAV女優なんだけど、カップルみたいでもあり。深夜3時30分から飲んでしみじみとお喋りして、日の出まで後2時間というところで栄川乃亜が寝ちゃう。深夜番組のノリというか、素人の生配信のノリというか、撮影の裏側のリアルなドキュメントでありました。
翌朝もリアルなカップルみたいな感じでホテルの部屋で朝を迎えた。そのままセックスに入るわけですが、朝日の中でのセックスは幻想的ですらありました。栄川乃亜が彼女感を出してイチャイチャと楽しみながら監督を攻めるのがかわいかったし、本当に素のような良い表情が撮れていたと思う。AVではなかなか見られないようなセックスが面白かった。
監督からしたら、昨晩のウルフ田中との激しいセックスを見た後だと臆しちゃいそうではありますが。でもカップルみたいな楽しいセックスができて、バックの朝日も美しくて幻想的で、しかも2発も抜いてもらって羨ましい。

変化球的な作品で熱い語りもあって面白かった。
シーン2が特にかわいくて印象的でした。ドキュメントならではの重みというか深みがある。

商品発売日:2019/03/07
収録時間:140分 (HD版:140分)
出演者:栄川乃亜
監督:タイガー小堺
メーカー:アイエナジー
レーベル:IE NERGY!

FANZA 栄川乃亜 ほろ酔いイチャラブセックス

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ内タグ:シロウトTV

インフォメーション

Eメール:tengusan@erokin.com

サーバー:DreamHost

return top