イケメン500人を暴発させたというヤリマンをデカチンでイカせ

六本木のイケメン500人を騎乗位で暴発させたというふれこみのヤリマンお姉さん。ラブホで初顔合わせからいきなりセックスに誘われ、デカチン男優が暴発させられずにイカせ。
(DMM.R18 六●木のイケメン500人を自由自在の締まりマ●コで暴発させた伝説の騎乗位お姉さん中出しAVデビュー 如月愛)

シーン1

AV男優のぽこっしーが以前にナンパしてセックスした子と再び待ち合わせているというところから始まる。
最初は盗撮。歩きながら「どこ行こうか?」という話でラブホに向かい、
如月愛「っていうかさ 会って2回目で 会って2分で いきなりラブホ誘う?」

ラブホでお酒を飲みながらお喋り。目立つ胸の谷間の話から。
ぽこっしー「みんなこうやって見るでしょ 視線感じない?」
如月愛「まぁ 感じるかな」
ぽこっしー「全然いいんだ?」
如月愛「まあね」
経験人数を訊くと、数えていないからわからないと。

スマホで写真と動画を撮らせてもらう。
如月愛「男子ってすぐスマホで撮りたがるよね エッチの時とか」
ヤリマンらしい余裕。ヤリマンとラブホで2人きりという圧も感じるドキドキ感。

如月愛「私もなんかムラムラしてきちゃった エッチしようよ」
如月愛から気軽にエッチを誘う。シャワーも浴びなくていいからと、いきなりキス。
キスしながら股間を触ってきて、
如月愛「勃ってるじゃん」
ぽこっしー「勃つでしょ」

如月愛「舐めていい?」
いきなりフェラ。クラブで目立つイイ女に奉仕してもらえる優越感。
ぽっこしー「ってか いきなりしゃぶっちゃうんだ」
如月愛「うん だってチンポ好きだもん」

スマホでフェラを撮らせてもらう。
如月愛「っていうかホントに動画撮るの好きだね」

カメラが趣味とか適当なことを言い、隠しカメラを取り出して撮影許可をもらう。
如月愛「マジのやつじゃんこれ」
ガチのドキュメントじゃないですのでね。下手な演出で見にくい映像を続けるよりは、こうやってキレイな映像で見せる展開にもっていくほうが良いです。
如月愛「それ重くないの?」

ぽこっしー「っていうか愛ちゃん こういうハメ撮りとか許してくれるんだね」
如月愛「うん まあね いいよ 人生ノリだからね」
かるーい感じでやってくれる。

ぽこっしーも攻めに転じる。おっぱいを揉んで、
ぽこっしー「迫力映像だよこれ」

友達と通話しながらフェラしてもらうぽこっしー。
ぽこっしー「すっげーイイ女とセックスしてんだけど今」
自慢するだけじゃなく誘ってあげる。
如月愛「友達増えて楽しくなりそうだね」
3Pでも平気どころか楽しそう。

おっぱいを舐めて、
ぽこっしー「一番どこ感じるの?」
如月愛「んー クリかな」

クンニしながらおっぱいを激しく揉む。
如月愛「あぁイっちゃいそう……」

如月愛「あぁイクッ……!」
腰を浮かせてイキます。
ぽこっしー「イっちゃった?」
如月愛「うん」
500人を暴発させたというお姉さんをイカせる。

ここで先ほど電話で誘われた黒田悠斗が合流。
AV男優ですので、こんな状況で合流しても動じない。

如月愛「超イケメンじゃん チューしよっ」
イケメン好きの如月愛、黒田悠斗を気に入ってキス。
ちょっと寂しそうなぽこっしー。
黒田悠斗「話早いねぇ」

ぽこっしーも交ざろうとしますが、
如月愛「ちょっとぉ 今イケメンとしてるのに」
黒田悠斗「そうだよねー」
ポイ捨てされた感がある。
お酒を口移しで飲んでイチャイチャ。「俺も」とお願いするが無視されるぽこっしー。
如月愛「やっぱイケメン テンション上がるわー」

お酒を飲みほして、
黒田悠斗「足りないからさ 買ってきてくれない?」
ぽこっしーをパシリにして2人きりになる。

黒田悠斗がカメラを持って、おっぱいを揉む。
黒田悠斗「なんかおっぱい揉んでるだけでさ 勃ってきちゃったよ」

立ってズボンとパンツを脱がせてもらい、
黒田悠斗「いきなりいくの? チンペロ」
如月愛「うん」

亀頭をチュパチュパ。
黒田悠斗「あぁ気持ちいい」
玉も舐める。
如月愛「おっきい」
黒田悠斗「おっきい? どういうの好きなの?」
如月愛「おっきい」

パイズリもやってもらう。

お酒を口に含んでフェラ。
黒田悠斗「冷たい ひんやりしてる」

挿入しようとすると、
如月愛「生でいいよ 生でしよっ アタシ生派だから」
黒田悠斗「ホントにいいの?」
騎乗位で生挿入。
如月愛「あぁおっきい…… んんっ あっ……」

いきなりグリグリと腰を動かし、
黒田悠斗「おおっ スゲェ なに!?」
タイトルが『六●木のイケメン500人を自由自在の締まりマ●コで暴発させた伝説の騎乗位』ですので、騎乗位がメインか。

友達に誘われてラブホに来て、いきなりヤリマンお姉さんに騎乗位でゴリゴリやられるというシチュエーションが刺激的。
黒田悠斗「なにこれ なにもんなのよ」

如月愛「あんっ イっちゃいそうっ…… ああっ イクッ……!」
イって動きが止まる。

さすがに黒田悠斗は暴発させられませんでしたが、
黒田悠斗「あぁダメダメ イっちゃう」
 ビタンッ
チンコを抜いて逃げる。
黒田悠斗「今イっちゃいそうだった ヤバッ なんかいいマンコしてんね」

正常位。

黒田悠斗「撮っていい? 近くで」
ハメ撮りでおっぱいの揺れがよく見える。

如月愛「あぁイクッ!」
正常位でもイカせます。500人暴発させたというヤリマンを連続でイカせるのは爽快。

バック。
黒田悠斗「彼氏とかいんの?」
如月愛「いない」
日焼け跡があり、
黒田悠斗「海行ったの?」
如月愛「行った」

如月愛「ああっ イクッ」
バックでもイカせ。

少し体勢を変えて引き続きバックから。

服を脱ぎ、トイレに移動して立ちバック。

黒田悠斗「しゃぶって もう1回」
フェラ。
黒田悠斗「ベッドで続きやる?」
如月愛「うん」

ベッドで正常位。

側位でピース。
黒田悠斗「気持ちいい 締めてんの今?」
如月愛「締めてなーい」

如月愛「あんっ 気持ちいい?」
黒田悠斗「これ? これ気持ちいいの? わかった これ続けるよ」
目を細めて感じる表情がセクシー。
如月愛「んんっ イクッ」

正常位。

締めの正常位かと思いきや、やはりメインは騎乗位みたい。
黒田悠斗「待って ちょっと待って 出ちゃうよそれ」

そのまま中出し。
膝を押さえてストップを促す。

お掃除フェラもしてくれる。
ぽこっしーが戻ってくるが、相手にされず2回戦へ……というオチ。

シーン2

別の日、ぽこっしーの部屋で2人きり。
夜どこに行くか相談している。

如月愛「まだ時間あるよね? エッチしようよ」
駆け引きなくスムーズにセックスへ。

ぽこっしーの部屋にあった電マでオナニー。
如月愛「超いいんだけど ヤバい」
イクまでやります。
如月愛「イっちゃった」
ぽこっしー「イっちゃった? すぐイっちゃうんだねぇ」

後ろ向きでもやります。
ぽこっしー「すごいピクピクしてる またイっちゃったの?」
如月愛「うん」

ぽこっしーが電マを持って当てる。
電マに時間を使うシーンみたいです。
でも時間がなくなってエッチはできなくなったというオチ。

シーン3

ぽこっしーと友達のミッチーが宅飲みして、如月愛を電話で呼び出す。

ぽこっしーに電話がかかってきて外に出ると、ミッチーを即エッチに誘う如月愛。

キスしてからフェラ。

パイズリ。
如月愛「イケメンのチンチン硬いね」

射精したらダメと言われていたけど射精。
如月愛「っていうか えー!? なんでイっちゃったの?」

ぽこっしーが戻ってきたところで、AV男優&AV監督であるとネタバラシ。
如月愛「ウケるんだけど」
軽く受け入れ。そして今度はちゃんとAV撮影をしようと交渉。

シーン4

別の男優を呼んで撮影。

ぽこっしーも参加して3P状態。

クンニと手マンでイった後、
監督「どっちのチンポが良さそう?」
如月愛「んー こっち」
マッチョ男優が選ばれる。

如月愛「舐めていい?」
マッチョ男優をフェラ。

如月愛「おっきい」
マッチョ男優「おっきいの好きなの?」
如月愛「うん ヤバい チンポ超おっきいしハードロック」
マッチョ男優「え? なんて!?」
如月愛「フフ ヤバい 超おっきい」
マッチョ男優「ハ ハードロック?」
監督「どういう意味?」
如月愛「めっちゃ硬いってこと」

手マンで喘がせながらのフェラ。

ぽこっしーもフェラしてもらってダブルフェラ。

「超おっきい」と言っていたチンコをスルッと挿入。
マッチョ男優「すごいマン圧が」
如月愛「あははっ」

イってからぽこっしーに交代。
如月愛「あぁん またイっちゃう」

フィニッシュは騎乗位と正常位でそれぞれ中出し。

感想

一条リオンっぽいキャラクターのヤリマン。如月愛としてAVデビューとなっておりますが、元々はグラビアアイドルの松浦こと→2015年12月に佐々木エリーとしてAVデビュー。500人を暴発させた騎乗位という設定で、ヤリマンとしての圧は良かったです。クーガー系のヤリマンとラブホで出会っていきなりセックスに誘われるという、臆しちゃいそうでもある刺激的な展開。そんなヤリマンをデカチンでイカせるのは爽快でした。

キャラ設定を意識しすぎてセリフ回しがチープになったところはありました。暴発しそうとか、マン圧がどうとか言いすぎな部分。反面、わかりやすさもあった。

収録時間:148分(HD版:148分)
出演者:如月愛
メーカー:E-BODY
レーベル:E-BODY

DMM.R18 六●木のイケメン500人を自由自在の締まりマ●コで暴発させた伝説の騎乗位お姉さん中出しAVデビュー 如月愛

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top