素人のM男君を痴女責めしていた雪見紗弥が逆にイカされる

雪見紗弥がM男宅に訪問する企画。1軒目は彼女と同棲しているが本当はMだという男とのカラミ。男を見下しながら順調に痴女責めしていた雪見紗弥だが、チンコを挿入してから立場が逆転。感じるのをガマンしようとするが何度もイカされてしまう。
3軒目では超巨根男を8分のフェラで抜き。
(DMM.R18 M男クンのアパートの鍵、貸します。 雪見紗弥)

シーン1

彼女と同棲中だが、自分がM男である事を彼女は知らないという男性。

雪見紗弥「どう? 今日初めてあった子に お尻の穴見られてるんだよ」

雪見紗弥「舐めてほしい?」
男性「舐めてほしいです」
雪見紗弥「でも紗弥 今意地悪だから そんなすぐ舐めたくないなぁ」

両手を縛っている途中に、
雪見紗弥「オチンチン動いてる ほんと変態だね」

手コキとフェラ。
雪見紗弥「紗弥に 変態でごめんなさい って謝って」
男性「紗弥ちゃん 変態でごめんなさい」

顔面騎乗。

騎乗位で素人相手にいきなり容赦ない腰振り。ベッドも揺れてギシギシと音が鳴る。この本気な感じが良い。
雪見紗弥「叱られながら恥ずかしい恰好で女の人に犯されてるんだよ」
雪見紗弥「彼女に申し訳ないな 彼女にごめんなさいは?」

見下しプレイで男性を言葉責めしながら、チンポを破壊しそうな腰振りを続けていた雪見紗弥。
しかし、その表情が変わっていき、大きな喘ぎ声を出し始める。

喘ぎ声が抑えきれないのか、口に手を当てるしぐさ。
犯す側から犯される側の顔になってしまいます。
雪見紗弥「ヤバイ……」
ここは最高にエロかった。
M男責めの企画なので責めなきゃいけないという意識があり、なんとか感じるのをガマンしようとしているがガマンしきれていない感じ。

パニックになったように不思議な動きで悶え、
雪見紗弥「お願い……!」
そのまま耐えきれず、
雪見紗弥「あっあっあっ イっちゃう! イヤ! イっちゃう! イヤ! イクイクッ」

雪見紗弥「はぁはぁはぁはぁはぁ……イっちゃった…… 下から突くからいけないんだよ……」
自分から馬乗りになっているのに、言い訳になっていない言い訳が面白い。

背面騎乗位。
雪見紗弥「おっきいの奥まで当たる」
雪見紗弥「またイっちゃう…… ヤバイ……」
雪見紗弥「あっ! 奥まで入っちゃう ダメ」
ここでもイっちゃいます。

正常位でも激しく感じてしまう。
雪見紗弥「彼女のオマンコとどっちが気持いい?」
男性「紗弥ちゃんのほうが」
雪見紗弥「ホント?」
完全に落ちた感じがします。
この台詞は背徳感を感じさせる責めというより、彼女への対抗意識のほうを感じた。
もう雪見紗弥のほうが堕ちちゃっている感じ。

雪見紗弥「イっちゃうよ イっちゃうよ ヤダ…… イっちゃう」
M男を痴女責めするはずが、イカされっぷりが良い。

そのまま正常位でゴム射。
雪見紗弥「イっちゃったの? ほんと? 嬉しい」
男がイって嬉しがる雪見紗弥。
奉仕して喜ぶ子になっちゃってます。

シーン2

2軒目。
入れさせてもらえそうなのに、おあずけおあずけでそのまま素股で射精。
雪見紗弥「んー せっかく入れたかったのに」

シーン2

3件目。
20cm砲の金子(仮)。

パンツを脱がすと、
雪見紗弥「おっきぃ~ おっきい すごいおっきい おっきいオチンチン」
尋常じゃないですからね、素直にリアクションできるサイズ。

約8分のフェラ。
デカチンと格闘する雪見紗弥が堪能できます。

深く咥えても半分ほどまでですが、
男「深い」
金子(仮)からしたら、半分でも咥えてもらえる事は珍しいのでしょう。

最後は口に出します。

シーン4

4軒目はセクシーボディコンで。

正常位からお腹に出します。

感想

1軒目のカラミがエロかったです。M男君を責める企画という事で、Sっ気全開にして素人M男君を責めていた雪見紗弥だが、騎乗位での挿入途中から自分が感じてしまう展開が面白い。耐えようと必死なところも良かったし、耐えきれずイっちゃう姿もエロかった。そこから痴女と姿勢が崩れていき、M男のチンコに堕とされる感じも良かった。
素人男性にイカされるシチュエーションとしてハマった展開。

3軒目は20cm砲のフェラ。挿入はなしですが、約8分間もデカチンをいじる雪見紗弥を堪能できます。

DMM.R18のレビューで4.33点(9件)の高評価。

収録時間:125分
出演者:雪見紗弥
監督:K*WEST
シリーズ:鍵、貸します。
メーカー:ワープエンタテインメント
レーベル:COBRA(ワープ)

DMM.R18 M男クンのアパートの鍵、貸します。 雪見紗弥

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

AV52,800本が月額固定で見放題

当ブログの紹介作品でXCITYで配信されていた作品はXCITYのタグをつけています。作品の入れ替えもあるので配信終了している可能性もありますが。

return top