手マンやクンニで無反応の素人娘にチンコを挿入したら気持ち良さそうな反応を見せたが2分で暴発

素人らしい素人が『素人娘、お貸しします。』に出演。ガチ素人とガチ素人がいきなりセックスするリアルが面白い。手マンとクンニではまったく喘げずに無言。放送事故ギリギリのカラミかと思いきや、挿入すると生々しい喘ぎ声が漏れてくる。でも男が急に「あ ごめん 出ちゃった」と暴発。
上京したばかりのズブの素人娘が3軒訪問する中で、少しずつエロさが出てくるのも良かったです。
(DMM.R18 新・素人娘、お貸しします。 VOL.67 高城姫華)

シーン1

今回の素人女性は20歳の高城姫華さん(仮名)。職業はパティシエとのこと。監督が「若いよね」と感想を言いいますが、若く見られるのが嫌みたいで、大人っぽくなりたいらしい。AV出演の動機は「お金」、素直で良いと思います。経験人数は4人で、最近エッチしたのは一昨日。ナンパしてきた男とやっちゃったらしいですが、それを含めて4人。
高城姫華「ホントするつもりなかったんですけど……」
彼氏は1年くらいいないとのこと。

事務所→エレベーター→車へ。こういう移動シーンも撮っていて、おしゃべりやふるまい方を見られるのも、このシリーズの魅力。
監督「上京して どんぐらいなの?」
高城姫華「あ 昨日来たばかりです」
監督「えーーー!? そうなの!?」
なんと北海道から昨日上京したばかり。素人らしい素人という感じです。
監督「気持ちの整理はできた?」
高城姫華「大丈夫です」

冒頭19分くらいまでは移動とトークで、ようやく1軒目に到着。
1軒目は24歳のプログラマー・肥後さん(仮名)。

ガチ素人とガチ素人の絡み。おしゃべりしながらも、しきりに監督のほうをチラチラと見る高城姫華ちゃん。落ちつかない感じが出ています。

シャワー中に監督は退室して2人きりになる。服を着てシャワーから戻ってきた高城姫華。
高城姫華「シャワーありがとうございました」
ここはバスタオル1枚で戻って来る人と服を着て戻ってくる人とに分かれますね。服派はガードが解けていないイメージ。
肥後さんの妹が20歳で、妹の友達みたいな感覚になって変な感じだという。肥後さんは年下とセックスするのが初めてらしい。お互いの経験の話になり、姫華ちゃんは経験人数が4人だと話す。多少はしゃべれるようになってきましたが、ガチガチに緊張している2人。初めて会った素人の男女が、いきなりセックスするというシチュエーションが生々しく感じられて良いです。

ハグで距離を縮める。

腕をさすり、おっぱいを揉んでからキス。

お互いに服を1枚脱いで、ブラのホックは肥後さんが外してあげる。

姫華ちゃんを寝かせて、おっぱいを舐める。喘ぎ声をまったく出せないあたり、緊張した素人らしい反応。
おっぱい舐めからキス。

喘ぎ声がないので非常に静か。おっぱいを舐める音だけが響く。

ズボンとパンツを脱がせる。反応の薄い素人娘を脱がせるのも良いものです。

クンニでもまったく喘ぎ声を出せない。このAVっぽくない反応がガチ素人として良いです。昨日上京したばかりで、知らない男にクンニされてただ受けるという。

音声不良かと思う静けさ。
肥後「痛くない?」
うなずく姫華ちゃん。

肥後さんが全裸になって寝て、姫華ちゃんがフェラ。
喘ぎ声は出さないし反応は薄いけど、やることはちゃんとやってくれる。
ここでも無音に近い状態で、たまにチュパチュパ音が響く。

次の展開への進み方もぎこちなく、本当に赤の他人同士の距離感のあるセックスという感じ。AVとして新鮮で面白い。

肥後さんがコンドームを用意している時も、落ち着かないそぶりの姫華ちゃん。
でも、フェラをお願いされるとすぐにやってくれる。

肥後「大丈夫?」
と声をかけて正常位で挿入。
少しピストンするも喘ぎ声はなしのサイレントセックス。

肥後「耳舐めていい?」
と聞いてから耳舐め。

挿入して50秒くらいから吐息が漏れ、それを聞いた肥後さんが少し速く腰を動かすと喘ぎ声も漏れる。ここまでまったくの無言だったので、喘ぎ声に重みがありますね。無言だった女にチンコを挿入して声を出させるのは気持ち良さそう。

喘ぎ声を出し始めてから、手を肩から首に回すのが良かった。セックスで気持ち良くなって距離感が縮まったみたい。そのまま抱き寄せてキスまでしちゃいます。手マンとクンニで無反応だっただけに、チンコ挿入でそれを変えさせたのが嬉しい。

肥後「気持ちいい?」
高城姫華「気持ちいい」
喘ぎ声が生々しい。手マンやクンニでは無言を貫き、演技で喘ぐ人ではないというところを見せているので、ピストンされて出ちゃう声が良いです。

喘ぎ声が少し大きくなって肥後さんの腕にしがみつく。

調子が出てきたかと思いきや、挿入して2分で動きが止まり、
肥後「あ ごめん 出ちゃった」
高城姫華「……」
事前告知なしで突然の暴発。微妙な間があり、
肥後「もう出ちゃった」
高城姫華「フフ」
反応に困っている感じの姫華ちゃん。

肥後「情けないごめん もう出ちゃった」
高城姫華「フフフフ」
愛想笑いするのみ。赤の他人とセックスして、突然終わって、反応が難しいですよね。

事後の距離感も面白い。

シャワー直後に監督が戻ってきて、
監督「早かったね」
高城姫華「早かった(笑)」

部屋を出て、
監督「10分ぐらいだよ」
高城姫華「フフフ え そんな短かったですか?」
監督「入れた?」
高城姫華「入れました(笑)」

シーン2

移動中の車内で長めのトークのあとに2軒目。
2軒目は29歳のアパレルショップ店員・吉岡さん。カッコいい雰囲気を出しているモテそうな男性。

高城姫華「靴下かわいいですね(笑)」

2軒目はシャワーなしで始めます。
ここでも緊張している姫華ちゃん、キスを受ける体勢も固いです。

ベッドに移動してもガードは堅い感じ。

ズボンを脱がせてキス。ガチのド素人娘を攻めていく感じが良い。

吉岡「乳首勃ってます」
高城姫華「フフ」
恥ずかしそうな反応。

大袈裟な演技はしないけど、ウェルカムな対応ではあります。やる気がないわけではない。

クンニ。監督が撮影している中でも喘ぎ声を出す演技はしない。このシリーズの良さかと思います。演技指導はせずに、自由にやらせる。

手を使うと、喘ぎ声が漏れ始める。

キスをしながら手マンをすると、男の腕を触り、手の甲を男の股間に当て、そしてチンコを握る。少しずつ心と股を開くような動作がとても良いです。

AV男優みたいにガシガシと手マンをした後、ガン勃ちしたチンコをフェラしてもらう。

男が寝てフェラを続ける。
スローなフェラから玉舐め。

相変わらずフェラを止めるタイミングのぎこちなさとか、コンドーム待ちの落ちつかなさとか、慣れていない感じが出ています。

正常位で挿入。
顔を逸らして無言で受け入れる。

動き始めると少しずつ喘ぎ声が漏れる。

シーン1と同様に手の動きが良いです。男を抱きしめるような動きになる。

服をめくっておっぱいを舐める。

ピストンが激しくなり、喘ぎ声も大きくなる。手も腰を持ったり腕を持ったり口元にもってきたりで落ち着かない。

バック。かわいい声で喘ぎます。

パンパンされながら男の指を握って手を繋いでもらう。声も表情も良くてナチュラルな表現力がすごい。

体位を変える時に頭が当たっちゃって、
高城姫華「ごめん」
吉岡「すいません」
監督が笑っちゃいました。

側位。

シーン1でも2でも男と目を合わせるのを避けていた感じでしたが、ここでは男の頬を押さえて目を合わせる。なつかないネコが甘えてきたみたいな嬉しさ。

さすが監督、この変化に注目してアップで撮る。

おっぱいをいじりながらの正常位。
そのまま正常位でゴム射。

コンドームから手に精子を垂らす。左手で精子をいじっているあたり、さほど抵抗はないもよう。

シャワー中に、
監督「すごい男優っぽかったなんか 体も鍛えてるし」
チンコ丸出しで堂々と会話する吉岡さん。

シーン3

最後はAV男優の小田切ジュンさん。AV男優であることを伏せて絡ませるというお馴染みのパターン。
これまでと比べて前戯での感じ方が激しくなっているのが見どころ。

小田切ジュン「気持ちいい?」
高城姫華「気持ちいい……」
やっぱりAV男優は違うなぁというところが出ています。

受け身だった姫華ちゃんが上からエローくキスをする姿を見せてくれるのも良いです。引き出し方が上手いですね。

フェラの後にシックスナイン。

バック→立ちバック→座位。
小田切ジュン「気持ちいいこれ?」
高城姫華「奥に当たってる」

背面座位からベロンベロンなキス。
これまでにないエロい姿を見せる。

冒頭の無反応さからの変化が素晴らしい。

目を合わせるのが苦手な姫華ちゃんですが、小田切さんの誘導もあって、目を合わせながら正常位。
時おり目を逸らしちゃうけど、また頑張って見ようとしてくれるのが良いです。

フィニッシュは顔射。

小田切ジュン「キレイにして」
と言われるとカメラを見ながら笑顔を見せつつ、お掃除フェラ。一皮剥けたみたいです。

感想

素人らしい素人で『素人娘、お貸しします。』の面白さが出せていたと思う。ド素人の女性とド素人の男性が急にセックスするというシチュエーションの面白さ。最初は、手マンやクンニで完全無言の薄いリアクション、AVとしては放送事故くらいのカラミになっているのがリアルで良かった。そのまま無言だったら男としてはつらいけど、挿入してから声が出てくる変化が良かったです。大袈裟な演技をまったくしない子なので、漏れる声が生々しくて良い。男が挿入して2分くらいで射精しちゃう早漏でしたが、とりあえず愛想笑いで乗り切るという反応もリアルでした。ほぼ感じる反応がなかった子が、チンコを挿入した途端に気持ち良くなってくれると、男としてはテンション上がって暴発しちゃった気持ちもわかります。

2軒目で監督がカメラを回していても、ナチュラルな薄いリアクション。でも感じてくると反応に違いが見えてくるのが面白い。手の使い方にもそれが現れていました。本当になつかないネコみたいなかわいさがあり、極端に無反応なところから少しずつ距離が近くなっていく感じが良いです。

3軒目の小田切ジュンさんは、さすがAV男優という扱いの上手さで、シーン1や2よりも姫華ちゃんのエロさを引き出していました。ズブの素人がAV女優っぽく変化していく様が良かったです。こういう素人モノでも、最初から慣れた感じの子が多い中、姫華ちゃんは冷たいくらいの無反応さから変化が見えたので面白かった。それがシーン1から段階的に見えていきました。

収録時間:124分(HD版:124分)
出演者:高城姫華
監督:マンハッタン木村
シリーズ:素人娘、お貸しします。
メーカー:プレステージ
レーベル:貸

DMM.R18 新・素人娘、お貸しします。 VOL.67 高城姫華

MGS動画 新・素人娘、お貸しします。 67 高城姫華

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ内タグ:シロウトTV

インフォメーション

Eメール:tengusan@erokin.com

サーバー:DreamHost

return top