秋山祥子が「人生で一番おっきいチンチンでした」という素人棒でイク

『我慢できれば生中出しSEX!』シリーズ第63弾は秋山祥子。10周年のベテランですが、10月発売の作品をもって引退します。3人目の男はデカチンで「チンチンでかっ ええっ!? でかっ」とベテランAV女優も驚くほど。そのデカチンを挿入すると、正常位とバックではイカなかったものの騎乗位で「あぁイキそう……」となってそのままイカされる。事後には「人生で一番おっきいチンチンでした」とも言っていました。>>感想
(FANZA 秋山祥子の凄テクを我慢できれば生★中出しSEX! 秋山祥子)

シーン1

シリーズ第63弾目は2009年デビューの大ベテラン、秋山祥子。
キャリアが長いだけあってトークも落ち着いているけど、
秋山祥子「ムーディーズが長いから他のメーカーさんに来ると ちょっと緊張しますね」
監督「あホントですか? 三流でも?」
秋山祥子「フフフ 三流なんて思ってないです(笑)」

大物女優ということで監督が「姐さん」と呼んでいます。
秋山祥子「あんまこういうドキュメントっぽいのないんですよ 素が出るようなのって」
ドラマ系の作品が多い秋山祥子。素のプレイを見るのが楽しみ。
いつものようにバスのセットに移動して企画の説明。

オナニーはしないと言い、
秋山祥子「触ってもらったほうが気持ち良いじゃないですか 自分で触るより そう だからムラムラしてもガマンしてガマンして撮影に臨んだほうが気持ち良い」
普段から禁欲AVのスタイルで撮影に臨んでいるみたい。
あとダメ男が好きらしいけど、もうダメ男はやめようと思っているとも言う。そして今は彼氏がいない。セックスは月に1度の撮影のみ。
監督「じゃあ今日セックスはしたい感じなんですか?」
秋山祥子「まぁ したいですよね」
監督「フフフ 童貞 童貞みたいですね(笑)」
秋山祥子「あはははっ まぁ できるならしたいですね」

普段の撮影からセックスしたい気持ちが強いみたいで、
秋山祥子「カラミが じゃあ今日は2回ありますとかだと 2回か ちょっと少ないなって思っちゃうタイプ」
監督「強めっすね」

撮影への臨み方とかトークとかしっかりしていて、
監督「すげぇ いい人ですね実は」
秋山祥子「実は(笑)」
監督「鼻につく奴かなと思ってたけど いい人なんすね」
秋山祥子「ホントですか? こっちのセリフですよ(笑)」
監督「あぁそうですね(笑) すいませんでした」

大物女優が相手で多少の緊張感もあった監督ですが、冒頭15分のトークで打ち解ける。

1人目は逆ナンじゃなくてスタッフが連れてくる。
1分間の質問タイムの後に10分勝負スタート。
膝の上に座るが、
秋山祥子「えー 恥ずかしい」
素が出るプレイでの1人目は10年選手でも恥ずかしそう。

プレイに集中してディープキス。
秋山祥子「けっこうビクビクするタイプですね」
乳首舐めへ。
秋山祥子「みんなどうやってるんですか? 緊張する(笑)」
2分過ぎたところでパンツを脱がせる。
キスと乳首舐めで勃起済。

秋山祥子「手でされるにのと お口でされるの どっちが好きですか?」
男「両方」

10年選手のフェラテクを披露。音の立て方が良いですね。

秋山祥子「声出ちゃうのかわいいですね(笑)」
ノってきた秋山祥子。手コキをしながら乳首をいじる。
男の反応をマジマジと見て笑顔を浮かべたりもする。

フェラからの手コキで豪快な射精。
秋山祥子「わぁ すごいすごいっ! わあっ! ……全部出た?」
驚いてからの優しい「全部出た?」が良かったです。

監督「射精量が凄いですね」
秋山祥子「ねぇ すごい めっちゃおっぱいに」

服の隙間のおっぱいの部分に付着。冒頭のトークで衣装をイジっていましたが、ナイス発注でした。

シーン2

2人目は秋山祥子が逆ナン。
男が秋山祥子を知っていて大喜び。1分間の質問タイムでも素直に喋って、
監督「大丈夫かそんなに言って」
男「いや もう気持ち良くなってガマンします」
秋山祥子「フフッ すごいけっこう強そうじゃないですか大丈夫かなぁ 手強そう じゃあ乳首いっぱい触られたほういいですか?」
男「そうですね あ でもガマンはします 絶対ガマンします」
秋山祥子「はい じゃあ乳首攻めまくり」
男「でもガマンはするんで」
秋山祥子「あははははっ! いや イカしたいですねぇ」

ガマンすると言い張る男。アピールが面白くて秋山祥子もヤル気。
秋山祥子「ガマンしますってすごい言われるほうが燃えますね」

男を仰向けに寝かせた状態で10分勝負スタート。
秋山祥子「お願いします」
本気に抜きにきている秋山祥子に跨られると圧を感じます。

キスをして服の中に手を入れて乳首攻め。
監督「1分経過」
秋山祥子「1分早いな」

1分経過してズボンを脱がせにかかる。
パンツの上からチンコを軽く触り、乳首攻め。
衣装も似合っています。

ヘソの周りをチュッチュとしてから股間に鼻を当ててスーハースーハー。このシリーズで臭いを嗅ぐパターンは珍しい。攻めに焦っていないですね。パンツの上から優しく竿を甘噛みしてパンツを脱がせる。こういう余裕があると強いですね。女優が焦ると男も焦る。
パンツを脱がせて竿をシコシコしながら見つめる。

見つめながらフェラ。
男「めちゃくちゃかわいいです 気持ち良い」

秋山祥子「おっぱい触ってみます?」
手コキしながらおっぱいを触らせる。
最初は服の上からだけど、服を脱いでブラの上から、ブラをズラして直接。

亀頭を指の間で擦る。亀頭が弱点と言っていましたのでね。
男「あっ あぁ すごい……」
秋山祥子「亀頭好きなんですねホントに」


監督「頑張れ もうちょいだぞ」
男「はい」
秋山祥子「フフ もうちょい」
男「ガマンする」
秋山祥子「ガマンしてガマンして 頑張って」

応援される方が挑発的で余裕も感じられてエロいです。

監督「残り3分!」
亀頭を重点的に攻めるフェラ。
男「イっちゃいそうです イキそう イキそう はぁはぁ」
射精が近くなり、ニチャニチャと音を立てて手コキしながら亀頭をペロペロ。
冷静で的確な攻め。
秋山祥子「がんばって」
やっぱりこの余裕の応援がエロい。

男「イキそうです 最後にちょっとキスだけ キスだけ」
秋山祥子「フフフ ガマンしないの?」
男「イっちゃいそうキスだけ」

諦めて最後にキスをしてほしいと頼んじゃう男。
キスしながらの手コキ。

そのまま射精。
秋山祥子「すっごい ドロドロだ」
監督「ただいまのタイム 8分12秒」

惜しかった。でも時間の長さよりも、必死でガマンしようとする男を応援しながら余裕で攻める秋山祥子がエロかったです。
監督「なんで最後チューを臨んだ?」
秋山祥子「もうイクつもりだったよね」
男「もう絶対無理だと思ったんで 思い出欲しかったんです」
監督「思い出欲しかった(笑)」

終わった後も秋山祥子がシゴいて攻めたりもする。

シーン3

2連勝して監督もテクニックを絶賛。
監督「さすが10年さすが三十路」
秋山祥子「そうですよねぇ やっぱり」

三十路をイジられても動じない。
秋山祥子「みなさん反応がいいから 嬉しくなりますね」
プライベートでも相手が興奮するほど自分も興奮するらしい。
道端でお喋りしているところで通りがかかった男に声をかける。
この男は最近活躍が目立つ若手の男優ですね。

1分間の質問タイムではチンコは根元を攻められるのが好きで乳首も好き。
そして今までと違うのはMではなくSだという事。
男がパンイチで仰向けになった状態から10分勝負スタート。
キスしただけで、
秋山祥子「もうけっこうチンチン大きくなってますね」

秋山祥子「チンチンめっちゃ大きいですよね もうすごいわかりますよね」
パンツの上から触って竿のデカさを確認。

パンツを脱がせると、
秋山祥子「チンチンでかっ ええっ!? でかっ」
キャリア10年のAV女優を驚かせるデカチン。
秋山祥子「でも今日声かけた方 けっこうみんなデカいですよね」
ちょっと冷静に振り返る。

重みのありそうな太いチンコを両手で持ち上げてフェラ。

咥えてみると、
秋山祥子「ふえっ…… んんっ…… チンチンがおっきすぎて全然奥まで咥えられない」
根元が好きだと言っていたが、根元まで咥えるのは無理。
でも根元を親指で擦って刺激する。
秋山祥子「根元(笑)」

おっぱいを触らせながら手コキ。チンコがパンツにも当たってそう。

そこそこ活躍している男優枠ということで男側が勝つのは予想通り。
でもあまり悔しがらない秋山祥子。監督が理由を聞くと、
秋山祥子「まぁ最初からちょっとわりと このチンチンは入れたいなと思ってたんで(笑)」
普段の撮影からカラミ2回じゃ物足りないというほどですからね。
そして、ご褒美の生中出しセックスへ。

男「攻めてみていいですか? さっき攻められたんで」
秋山祥子「はい どうぞ」

3人目にして初めて秋山祥子が攻められる。
おっぱいを揉んでスカートを脱がせると、
男「意外とパンツかわいいんですね」
秋山祥子「なんでそんな恥ずかしいことばっかり言うんですか(笑)」

セクシーな衣装にかわいらしいパンツ。

おっぱいを舐めながら手マン。
まぁ男優ですのでね、攻めは安定しています。

普通に喘ぎ声が出て、ちょっと恥ずかしそうな表情を見せる。
秋山祥子からしたら素人男性とのカラミですからね。

フロントはかわいらしいパンツですがバックはT。
男「あぁすごいキレイ」
秋山祥子「恥ずかしい(笑)」

お尻を揉み、パンツを脱がしてクンニ。
四つん這いで喘ぐ秋山祥子も良いです。

M字開脚でのクンニからシックスナイン。
クンニで感じて声を漏らしながらチンコを咥える。

正常位で生挿入へ。
男「ホントにこのままでいいんですか?」
秋山祥子「うん でもわかんない入るかな? おっきいから」

秋山祥子ですら挿入を不安がるデカチン。

根元まで挿入。
秋山祥子「あっ…… んんっ……」
口元を押さえて声を漏らす姿がセクシー。

正常位で突かれてから抱き寄せてキス。
キスしながら下半身をグリグリさせる秋山祥子。さすがキャリア10年。

かわいい表情で突かれています。
キャリア10年のAV女優をかわいい声で喘がせる。

バック。
大きなお尻にヌチャっとチンコが挿入される。

騎乗位では「んんっ!」と声を出しながら挿入。

膝を立ててピストンするが、少し驚いたような表情で、
秋山祥子「ホントにおっきい(笑)」

男がパンパンと突き上げ。

秋山祥子「あぁイキそう……」
小声でつぶやく。そのまま続けて、
秋山祥子「イク…… あぁイク ああっ……!」
男「すご なんかビクビクしてる」

正常位とバックではイカず、溜めに溜めて騎乗位で初イキ。
キャリア10年の豊満ボディが素人男性の上でビクビク。

最後は正常位で、
男「そんなに締め付けられたら出ちゃいそうです」
秋山祥子「あ待って待って ダメ またイクッ」
男「もうイっちゃいそうです いいですか出して?」
秋山祥子「あぁ待ってダメダメダメッ イクイクイクッ」
男「あーっ あっ」

同時イキで中出し。
ビクビクしている秋山祥子の中に放出するのは気持ち良さそう。

事後の感想では、
秋山祥子「人生で一番おっきいチンチンでした」
監督「ホントに? そりゃすごいわ デカチンって謳っていいですか?」
秋山祥子「はい めちゃおっきかったぁ」

シーン4

4人目はボディコンを着てプレイ。
外には出られないのでスタッフが男を連れてくる。

シーン5

5人目は中堅かベテランクラスの男優ですね。
10年やっている秋山祥子なら絡んだことありそう。

シーン6

6人目はスクール水着を着てプレイ。

シーン7

7人目はJKっぽい制服で。

感想

キャリア10年の秋山祥子ですが、10月に発売される作品での引退を表明済。『我慢できれば生中出しSEX!』シリーズ第63弾、この歴史あるシリーズで秋山祥子を見られて良かったです。AVのセックスで気持ち良くなるように撮影に臨んでいると言っていたように、それが感じられる反応をみせていました。

AVの役では攻められることが多い秋山祥子ですが、素人男性を攻めるのも上手かった。「ガマンしてガマンして 頑張って」と優しく応援しながら攻めてイカせちゃうのが良いです。ベテランならではの余裕が感じられ、焦っていないので男も焦らされず射精に導かれる。

シーン3はデカチン男が相手で、キャリア10年のAV女優が「入るかな? おっきいから」「人生で一番おっきいチンチンでした」と言うほど。素人の若者がデカチンでベテランAV女優にかわいい声を出させるのも良いです。最初にイクところも良くて、正常位とバックではイカず、騎乗位で突き上げてから「あぁイキそう……」となり、そのまま続けてイカせる。簡単にイカないからこそ、男の上でビクビクする姿も有難味がある。フィニッシュの中出しも同時イキで、ビクビクしている秋山祥子の中に射精するのは気持ち良さそうでした。

シーン3までは衣装も似合っていてセクシーでした。毎度のことですが、後半はネタ衣装。

カラミ役の男優が、けっこう活躍している男優というのは素人感が薄れて残念なところではありました。大物女優なだけあり、ヘタな相手とは絡ませにくかったのか。

性格も良さそうでしたし、撮影のセックスでも気持ち良くなりたがる姿勢。それらが感じられる内容で良かったです。

余談ですが、晶エリー(大沢佑香)が8/31の10時配信となる『晶エリーの凄テクを我慢できれば生★中出しSEX!』でAVに復帰します。第63弾で10年選手の秋山祥子が引退し、第64弾で秋山祥子より4年もデビューが早かった晶エリー(大沢佑香)が復帰。長いブランクのある晶エリー(大沢佑香)がどんなテクニックを見せるのか今から楽しみです。

配信開始日:2019/07/27
収録時間:188分 (HD版:188分)
出演者:秋山祥子
シリーズ:我慢できれば生中出しSEX!
メーカー:ワンズファクトリー
レーベル:WANZ

FANZA 秋山祥子の凄テクを我慢できれば生★中出しSEX! 秋山祥子

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ内タグ:シロウトTV

インフォメーション

Eメール:tengusan@erokin.com

サーバー:DreamHost

return top