AV男優の愛撫でも無反応で普通にお喋りしていた素人女子がセックスで感じてイクまでの変化

イカせ・勝負
イカせ・勝負巨根

パパ活女子のリンちゃん。Chapter 1でオジサンをシックスナインで抜き、Chapter 2で神けんたろうとカラミ。最初は愛撫してもまったく感じずに、普通にお喋りをしちゃうリンちゃん。狙ってやっているわけじゃなくて、自然体でそうなっちゃう感じ。不感症かと思うほど愛撫が通用しなかったけど、徐々に感じてきてイクまでの展開で達成感がありました。>>感想
FANZA 【個人撮影】趣味の撮影と称してREC恥ずかしがり屋のピンク乳首娘はデカチンを大きな口で含みます【ハメ録】

Chapter 1

まったりベッドで仰向けになっているところから服を脱いでもらって下着姿に。

リン「暗くしたい 恥ずかしいもん」
少しだけ部屋を暗くして、男が愛撫。
リン「くすぐったい(笑)」
ムードのないナチュラルな反応が【個人撮影】っぽい。
ブラを取って腋を開かせる。
リン「うわぁ めっちゃ恥ずかしいっ」
おっぱいを舐めるが、固まったまま声も出さずに受ける。AVっぽくなくて素人っぽさもあって良い。

オモチャを当てる。
リン「ヨダレ出ちゃった(笑)」
男「気持ちいいんじゃん」
リン「違うよ(笑)」

実際、ここでも声は出さず受ける。
男「平気なんだ?」
リン「平気」

まったく感じさせられない。

パンツを脱がせてオモチャを入れようとするが、
男「全然平気なんだ?」
リン「全然平気」

オモチャがまったく通用せずにクンニ。
リン「ん…」
微妙に声が出る。
顔を撮ろうとすると、
リン「ダメ…」
AV撮影を意識していないような顔隠しも良いです。

攻守交替してフェラをしてもらう。
萎えている小さなチンポを咥えてチュパチュパ。
男「気持ちいい…」
リン「ホント? …んっ 硬くなってきた」

硬くなっても短め。
男「気持ちいい…」
リン「これか!」

先端をジュボジュボ。

男「玉とかも舐めて」
リン「玉? 気持ちいいの?」

カメラ目線をほとんどしてくれないのも良いです。普通のAVだったらヤル気のない女優ってだけですが、この作品においてはChapter 1は噛ませ犬みたいな役なので、ナチュラルに生意気でヤル気がない感じのほうが良い。
リン「初玉舐め 初玉」

シックスナインをすると、
男「ビチョビチョじゃん」
リン「言わないでいちいち」

ほとんど喘がないけど、体は反応しているみたい。

リン「ダメダメッ! ちょっとダメッ ホントにっ!」
珍しく激しめに感じて、
男「イったでしょ?」
リン「イってないよ イってない(笑)」

本当にどっちかわからん。けどかわいいやりとり。

そのままシックスナインで、
男「出すよ」
リン「うん」

男が頭を押さえて、短めの竿を根元まで咥えさせる。
男「そのまま飲んで 根元から吸い取って ギュウッて吸って」
ちゃんと吸い取ってくれるし、お掃除フェラもしてくれる。

Chapter 2

後日、神けんたろうも参加してホテルで。
酒を飲みながらお喋り。

口元のお酒を舐めるキス。
突然だけど、落ち着いて受けているリンちゃん。

喋っている時におっぱい揉み揉み。
リン「眠らさないように努力を 努力を…上からすぎるね なんつーかな 眠らせないぐらいの…わからん」
おっぱいを揉まれながら普通に喋っている映像も面白い。

リン「温かくなってきた 脂肪が燃えてまーす ここに炎のマークが2つ」
カメラマン「フフフ リンちゃん面白いね」

愛撫されているのにマイペースで喋っている。

寝かされて服をめくられる。
リン「横になって お肉見せないスタイル シリーズ? シリーズ違う シリーズ2って何がある?」
おっぱいを舐められているのに、独り言を言いながら糸くずを取っている。AVのジャンルで「男に愛撫されても感じない」というやつもあるけど、それを狙ってるんじゃなくて自然にそうなっちゃっているのが面白い。

リン「あん 恥ずかしいわ」
神けんたろう「ホントに? 羞恥心とかあるんだ?」
リン「羞恥心しかないよ私 羞恥心と食欲しかない あと性欲」

AV男優に愛撫されても、感じないで喋り続けるのが面白い。

キスをして背中を舐めながら、お尻を触る。

ブラを取って、おっぱいを舐める。
リン「いや恥ずかしいな」
股間も触るけど、喘ぎ声は出ない。
マッサージを受けているような気持ち良さそうな表情ではあります。過剰な演技をせず、ナチュラルな反応という感じ。

パンツ越しに匂いを嗅いで、軽く触る。

ベッドに移動して、おっぱいを舐めながら手マン。
ここでも声は出ないけど、表情はうっとり気持ち良さそう。

パンツをズラして手マンすると、クチュクチュ音が響き始めて、
リン「んっ… んんっ…」
声が漏れ始める。まったく喘がなかっただけに、声を出させる達成感があります。
リン「んっ… んんっ… ……恥ずかしい(笑)」
喘ぐ姿を見せるのが恥ずかしいみたい。恥ずかしがる姿がかわいい。

四つん這いにしてパンツを脱がせてアナル鑑賞。
神けんたろう「お尻の穴キレイだね」
後ろからクンニ。
電マを当てて、
神けんたろう「これ好き?」
リン「好き」

体勢を変え、シーツをギュッと握って感じるリンちゃん。普通の愛撫だとノーダメージだけに、シーツを握って感じる姿が特別なものに見えて良いです。
リン「んっ… あっ ちょっと待って ホントダメッ…!」

リン「あ ヤバイ 待って ホントダメッ」
男の腕を握って感じる。
リン「あぁ気持ちいいっ おかしくなっちゃう」
AVでは珍しくないセリフだけど、不感症なくらい無反応だったリンちゃんに言わせるのが良い。

リン「あぁイキそう… んんっ… あっ」
イったかどうかわからない反応。
リン「ちょっと待って 恥ずかしい」
体勢を変えて逃げる。わかりやすく「イクッ」と言わないところも自然体で良いです。

神けんたろうがパンイチになってキス。
お酒を飲んでいた時のキスではリンちゃんの舌が控えめだったけど、ここはちゃんと応えてくれる感じ。

神けんたろうが立ち上がって股間を突き出す。
リン「いいの? いい? チラッ」
パンツを脱がせて、
リン「おっきい 硬くなってる」

リン「舐めていいの?」
神けんたろう「いいよ 好きにして」

咥えようとするが、
リン「口に入んない」
根元まで簡単に咥えられた1人目との比較ができるのでわかりやすい。

シゴきながら舐めてもらうと、
リン「難しい」
神けんたろう「難しい?」

本当に慣れていない素人みたいです。

裏筋をペロペロした後、神けんたろうが仰向けに寝て、フェラを続けてもらう。

正常位で挿入。
リン「んんっ… うぅ…」
「おっきい」とは言わないけど、ナチュラルにキツそうな表情で語る。

AV女優っぽい演技をしない人だけに、表情に見入っちゃいます。


対面座位。
リン「あっ… あっ…」
冒頭では感じずヤル気もなさそうだったリンちゃんが、男にしがみついて喘ぐ変化が良いです。

騎乗位。おとなしめのグラインドが素人っぽくて良いです。
リン「気持ちいい(笑)」

神けんたろう「ゆっくり上下に」
リン「上下に? え 怖いな 大丈夫? 上下ってこう? 起き上がればいいってこと?」
素人っぽい確認の仕方も良いです。

ペチペチとピストンして、
リン「奥に入る」
神けんたろう「なに奥に入るの?」
リン「フフ 言わない(笑) …チンチン」

「言わない」と言って言う。
神けんたろうが突き上げると表情が変わって喘ぎ声も大きくなる。

バックでガン突き。
リン「あぁダメッ! ああっ!」
あのリンちゃんがアンアン鳴いてるだけで興奮させられる。
リン「あぁイックゥ! ああっ ううぅ…」

立ちバックの後にヘナヘナと崩れて、
リン「腰が砕ける…」

側位で、
リン「ヤバイ イキそう… イキそう いい?」
ちょっとピストンを止めるタイミングが悪かったけど、
リン「イクイク イっちゃう!」
初めてわかりやすくイった。

正常位で、
リン「それ気持ちいい」
神けんたろう「これ?」
リン「えっとね…言わない(笑)」
神けんたろう「何? 言っていいよ」
リン「えっ もうちょっと奥が好き」

最初はキツそうだったけど、意外にもデカチンで奥を求める。
リクエストに応えて奥を突く。

神けんたろう「どこ精子欲しい?」
この質問に対する返答も独特で、
りん「えーっとぉ… ここ?」
左の頬っぺたを指し、
りん「え? そこはやっぱわかんないから ここ?」
おでこを指し、
りん「どこでも お腹!」
本当に慣れていない感じ。

最終的にはお腹に射精。
お掃除フェラもしてくれる。

感想

りんちゃんの自然体で独特なキャラクターが面白かったし、それが展開的にも面白さに繋がった。

1人目のカラミでは、ほとんど感じず、生意気っぽさもありヤル気もない感じ。嫌な印象ではないけど、オジサンを舐めたパパ活女子という感じもある。それを演技でやっているんじゃなくて、自然体でそうなっているようなところが良い。

神けんたろうの愛撫でも、最初はまったく感じず普通に独り言みたいなお喋り。これも狙ってやっているんじゃなくて自然体でそうなっている感じ。そこから少しずつ感じてくるのも自然に見えて良いですし、イカせる達成感も大きい。不感症かと思うほど自然体で無反応だった素人女子が、セックスで大きな声で喘いでいくまでの展開が非常に面白かったです。

素人女子っぽさもリアルだった。騎乗位の動き方で戸惑ったり、どこに射精してもらっていいのかわからなかったり。
独特なキャラクターで、ボーイッシュであり個性美もありました。

デカチン物としても、1人目の男が小さめだったので、対比で神けんたろうが際立った。デカチン物のAVは、この手法を基本にしたらいいのにとも思う。4Chapterともデカチン男優と絡んでも、引き出しは最初に開けきっちゃいますからね。対比なら女優が「おっきい」とか言わなくても、咥え方や感じる表情の差が見えて、デカチンとの違いがわかりやすい。

出典

配信開始日:2021/08/10
商品発売日:2021/08/10
収録時間:74分
出演者:彩水香里奈
シリーズ:趣味の撮影と称してREC
メーカー:1059.tokyo

FANZA 【個人撮影】趣味の撮影と称してREC恥ずかしがり屋のピンク乳首娘はデカチンを大きな口で含みます【ハメ録】

テングノハナオレ

コメント

タイトルとURLをコピーしました