彼女に頼んでデカチンAV男優とセックスしてもらって堕ちる姿を楽しむ

仲良しの彼女にデカチンAV男優とセックスしてもらい、それを見たいという変態的な彼氏。渋々了承してくれた彼女、乗り気ではないままセックスに臨む。AV男優のテクニックで感じそうになるが必死に耐えながらのセックスをしていましたが、彼氏が退室してからの2回戦では解放的に感じてイキまくる。>>感想
(FANZA ガチンコ寝取らせドキュメント)

シーン1

恋人ではないけどセフレ以上の関係である2人のプライベート撮影というところから。
外で待ち合わせをしてからホテルでお喋り。でも、会話が少し硬い感じはあります。
普通の会話からカメラを見つめて、
海空花「ねぇ そっち行ってもいい?」
男に近づいて股間を指でツンツン。積極的でエロい。
男「ちょっと早くも気持ち良い」
海空花「だってなんか 早くもちょっと硬いもん」


「身を委ねたい」という男を攻める。
海空花「じゃあちょっと 拝見しようかな 今日の調子を(笑) アソコの調子を」
ズボンを脱がせてパンツまで脱がせる。
竿を握ってチンコをチェック。
海空花「キレイですね そしてとっても元気ですね 久々やから ちょっとあれ? 溜まり気味?」
関西弁です。
でも男を見つめて、
海空花「ホントに久々?」
別の女とヤってるんじゃないかと疑うような微笑み。

カリをペロペロ。
海空花「カリ好きじゃん」
カリをパクッとしてから玉も舐める。
恋人感のある嬉しそうなフェラ。
男「なんか会うたびにフェラがエロくなってる」
海空花「ウソ(笑) どこでも覚えないよ」
男「ホントに?」
海空花「フェラは思いやりやから」

しばらくフェラをして、
海空花「どこまで入るか選手権する?」
と自分から言って深く咥える。
「ゴホッ」と吐き出して、
海空花「頑張ったけっこう」
男「喉奥気持ち良い」
海空花「気持ち良いの?喉奥って」

会話しながらプライベート感のあるプレイ。

ジュボジュボと激しいフェラで、
男「気持ち良い イキそう…… いい?」
海空花「うん」

そのまま口内射精。口の中の精子を見せてからごっくん。
海空花「ごちそうさまでしたー めっちゃ出たね」
最初のシーンはここで終了。

シーン2

シーン1の続きではあるけど、お酒を飲みながらお喋り。
チーズを食べながら精子の話になり、
海空花「精子は空気が触れると味が変わるから」
咥えたまま飲むのと、口を開けて空気に触れさせてから飲むのとでは違うらしい。
男がサンダルとiroha HINAZAKURAをプレゼントしたりもする。
好きな人と好きじゃない人とのセックスの違いの話になり、
男「でも好きな人がさ すんごいチンチン小っちゃかったらどうする?」
海空花「えー(笑) わからんなぁ どうなんやろ」
男「ミョウガぐらい」
海空花「ポークビッツ? んー……」
男「めっちゃ悩んでるやん」
海空花「あはっ(笑) でも思いやりがあれば わりと満足する」

「わりと」止まりではあるんですね。
海空花「小っちゃい分 前戯とか」
男「前戯もヘタクソやねん すぐ終わるし すぐ入れてくるし」
海空花「あははっ ヤバい 自己中なポークビッツ(笑)」

デカい方が良いかと訊かれると、
海空花「今で十分 満足してるよ」
と、嬉しい事を言ってもらえますが、男は知り合いにAV男優のデカチンがいるから、その人とセックスしてみてほしいと頼む。それを見たいと。
海空花「それは無理にきまってる(笑)」
普通に断られます。男は気持ち良くなれると言うが、
海空花「メンタルが女の子は大事やから おっきいからと言ってそんなに気持ち良くはならないと思う」
男「そう? 言い切る?」
海空花「うん」

今までのデカチン経験は、初めての人が大きかったと言う。でも好きだから気持ち良かったわけで、デカチンだから気持ち良いわけではないとも。

合意は得られませんでしたが、プレゼントしたirohaで攻める。
イク直前にストップし、合意させてからイカせる。
海空花「でも 良くなかったらすぐ終わるよ」
シーン1がフェラ抜き、シーン2がオモチャ攻めという構成ですね。

シーン3

そして後日、彼氏のセッティングで撮影。
緊張気味で、バスローブ姿で氷結を飲みます。
男「大丈夫 良くしてくれると思うよきっと」
海空花「んー 良くしてくれるって?」
男「良く 気持ち良くこう ヒーイグイグッてこう」
海空花「そんなならない」
男「ビシャビシャってこう すごい 水溜まりみたいなのできるよ」
海空花「できるわけないでしょ!(笑)」

初対面で心を開けないとも言う。怖さもあると。

ちょっと不貞腐れ気味の彼女と男優を対面させる。
男「本当にもう 身を委ねて」
後ろから男優が抱きしめて、すぐにプレイ開始。
海空花「ちょっと待って……」
彼氏に助けを求めるような表情。でも彼氏はこういうのが撮りたいわけで。

耳舐めでは気持ち良さそうにしたり、彼氏に向かって怒ったような表情を見せたり複雑。
海空花「めっちゃグイグイくる」

キスもガードが堅い感じ。
海空花「んっ……」

バスローブを脱がされて、腕を舐められる。
腋は恥ずかしそうにガード。
海空花「ちょっと待って ここまでする?」

耳を舐められながら、おっぱいを揉まれる。
嫌そうな表情を見せます。

手マンで、
男「なんかめちゃくちゃ濡れてないか?」
海空花「濡れてない」
男「ホントに?」


パンツの中に手を入れるとピチャピチャと音がして、ばつが悪そうな表情。
男「濡れてないのに なんでこんな音するの?」

男「どう? 触り方」
海空花「どうって? んっ……」

感じているのを隠すような反応だけど隠しきれない。

ブラを取っておっぱい揉み。
男「いつもいいおっぱいやけど 他人が揉んでるとより興奮するね」
海空花「なんで? 全然わからん」

好きな彼氏のために付き合ってあげている彼女。
海空花「なんでいいのか全然わからない」

おっぱいを舐められて、
男「気持ち良い?」
海空花「……わからん」

太腿もサワサワされる。

クンニに耐えようとする。

男「イキそうになってる」
海空花「ちょっと待ってください…… ヤバいです…… ヤバいです……それ……」

そのまま無言でビクッビクッビクッとイク。

彼女に男優のチンコをパンツの上から触らせる。
男「どう? 触った感じ 大きさ」
海空花「デカい……」
男「デカい? 俺とどっちがデカい?」
海空花「フフッ」

よくそんな事が訊けるねといった感じで笑う。
でも口では言えないのか指を差す。

股間を見ないようにするが、たまにチラッと見ながら触る。

勃起したところで、
男優「見て確認してください」
ブルルンッとパンツを下げてチンコを見せる。
海空花「めっちゃデカいですね」

太い竿を握ってシコシコ。
男「どう? 大きさ」
海空花「え…… デカい」

彼氏には答えにくそう。
男「今まで見た中で何番目くらい?」
困った顔でチンコを見るが答えられない。
男「わかんない? ちょっとしゃぶってあげて」

フェラ。
海空花「痛くないですか?」

男優「いつもそうやって舐めるんですか?」
海空花「え……」

彼氏の顔を気にしてチラチラ。
海空花「んー 多分 そう こんな感じです」
ジュボジュボすると、
海空花「ヤバい アゴが……」
男「疲れる? おっきい?」

彼氏の時は疲れなかったので差がわかります。

フェラを終えて、男優がコンドームを取りに行く。
男「どう? デカかった? 大きさ」
海空花「アゴがヤバい」


コンドームを装着中、いよいよ挿入という緊張感。
海空花「えー マジ? マジで?」
男「感想だけ教えてね」
海空花「感想!?」


挿入前にクンニでズルルルーッと吸われて、笑いながら彼氏を見る。
ちょっと困った感じがかわいい。

でも次第に感じて悶える。
海空花「ちょっと待って……」
ビクッとなり、
男「イった?」
海空花「え……」

渋々とうなずく。

いよいよ挿入へ。
彼氏の前でデカチンを挿入させられるシチュエーション。すぐには入れずに入口で焦らして反応を見る。

彼氏を見ながらゆっくりと挿入されていく。
奥まで入ると、
海空花「うっ……!」

男「どう? 入った感想 教えて」
海空花「え…… ん んー おっきい」

適当な言い方で顔を隠す。

男「おっきいと違う? どんな感じ?」
自分のセフレ以上彼女未満がデカチンで寝取られているのに詳しく聞きたがる男。
海空花「どんな感……うっ……」
男「ちゃんと教えて」
海空花「奥に当たる」
男「奥に当たる」

奥に当たらない彼氏に言うのは気まずそう。

男「奥に当たるとどうなる?」
でもガンガン突かれて声が出せない。喘ぎ声もガマンしながら突かれる。
海空花「あうっ…… う…… はぁはぁはぁ……」
突き終わると放心状態。

前かがみになっておっぱい舐め。
あれほど恥ずかしがっていた腋を全開にして受け入れる。

また激しく突かれてビクッとなるが、
男「イった?」
目を逸らして答えない。

側位。
海空花「近いカメラ」
男が手を繋ごうとすると振り払われる。

男「どう? 奥まで突かれてどんな感じ?」
海空花「うるさいっ」
男「気持ち良い? 気持ち良くない?」
海空花「ちょっと黙って」
男「何回もイってるよね実は」

悔しそうに見えたり悲しそうに見えたりする表情。

ビクビクさせられまくって放心状態になるけど「イクッ」とは言わない。

背面騎乗位で下から突き上げられて、
海空花「あぁイクッ……」

バックでもイク。

部屋を出て2人きりにさせて隠し撮り。
海空花「気持ち良いっ あぁイクイクッ」
ガマンする必要がなくなっています。

正常位。
自分のセックスで「今で十分 満足してるよ」と言っていた女がデカチンで気持ち良さそうに感じる姿を見る。

正常位でゴム射してグッタリ。
海空花「はぁはぁはぁはぁ……」

お掃除フェラ。

終わった後にまったりとキス。
最初は抵抗していたキスですが、口を大きく開けて受け入れ。

積極的になっていく彼女。
こうなると彼氏も焦りそう。まさに寝取られたって感じ。
ずーっとキスをしています。

笑顔で上になってフェラをする。
海空花「気持ち良いこれ?」
彼氏の目がなくなって積極的になり、笑顔も見せながらフェラ。

クンニ。
海空花「あぁイクッ!」
もう素直に「イクッ」と言います。

海空花「もう入れて」
正常位でギュッと抱きしめる。
海空花「あぁヤバい……」

正常位→座位→騎乗位。
海空花「あぁすっごい奥に当たる あぁおっきい」

バック。
海空花「あぁ気持ち良い 奥に当たってる」

崩れて寝バック。
男優「気持ち良い?」
海空花「気持ち良すぎ」


上からブッ刺す。
海空花「オチンチンおっきい おっきい!」

立ちバック。
海空花「オマンコが壊れる……」

背面騎乗位でクタクタ。

対面座位。
海空花「あぁチンチンおっきい おっきい」

正常位→側位。

フィニッシュは正常位からおっぱいに射精。

海空花「気持ちかった 一番良かった」
事後もラブラブ。

隠し撮りしていたと言うと怒られる。

感想

『ガチンコ』と言ってもガチではないのでドラマ的なものとして視聴したほうが良いです。展開は予定調和で意外性がないのですが、海空花の演技が良くて、彼氏(セフレ以上ですが)の前でデカチンに感じていく過程が上手かった。悲しそうだったり弱々しそうだったり、いろんな表情が見られました。

最初は感じるのをガマンしていましたが、彼氏がいなくなってからの2回戦では積極的になった海空花。感じ方も解放的でした。ミイラ取りがミイラになるみたいな状態で、本当に寝取られちゃったみたいでした。海空花の堕ちっぷりが良かった。

商品発売日:2019/03/25
収録時間:131分 (HD版:131分)
出演者:海空花
監督:ブロッコリー
シリーズ:ガチンコ寝取らせドキュメント
メーカー:ブロッコリー/妄想族
レーベル:ブロッコリー

FANZA ガチンコ寝取らせドキュメント

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ内タグ:シロウトTV

インフォメーション

Eメール:tengusan@erokin.com

サーバー:DreamHost

return top