筆おろし性交クリニックで看護師に筆おろしをしてもらった童貞君が1分強で射精「すいません早すぎ……」

早漏・暴発
早漏・暴発 童貞・筆おろし

筆おろし性交クリニックという架空のクリニックが、いかにも本当に存在しているかのようにリアルに描いた作品。実際の筆おろしの中で、1人目の男はフェラで射精しそうになり、看護師の手を握って引っ張り緊急回避。これには看護師も素で戸惑って笑っていました。挿入するとすぐイキそうになり「すいません早すぎ……」と言う童貞君ですが、看護師は事態を把握していないようで「ん?」となる。結局は挿入から1分30秒も持たずに射精。
(DMM.R18 筆おろし性交クリニック)

シーン1

看護師たちが日本の少子化に歯止めをかけるために立ち上げたという設定の「筆おろし検診」。作品としては、ナレーション付きで「筆おろし検診」のPRビデオのような作り。4人の看護師が6人の童貞君を検診する。

受付でアンケート書いてガウンに着替える。その後に1対1でカウンセリング。カウンセリングを行う意味もナレーションが解説してくれる。1人目は日比乃さとみが22歳の童貞君をカウンセリング。「童貞暦」「理想の筆おろしシチュエーション」「オナニーをするか・どれくらいの頻度でするか・やり方・時間」「女性器を見たことがあるか」といった質問を真面目に聞いていく。悪ふざけは一切なしで、本当にこういうカウンセリングが存在するかのようにやっています。

2人目は百瀬ひまりがカウンセリング。31歳の童貞君は早漏コンプレックスがあると言う。
百瀬ひまり「好き好き同士だったら 松本さんが もしね 射精するのが早かったとしても んー なんだろ そういうことが少しの時間でも そういうことできるんだったら 女の子 女性の側も嬉しいと思うので あんまりそれは気にしなくてもいいと思います」

3人目は河音くるみ。童貞君は24歳。このカウンセリング、看護師だけじゃなくて童貞君もリアリティある対応で、本当にそういう患者として来ているみたい。下手に過剰な演技をすることもなく、真面目に返答してカウンセリングを受けている。

4人目は斉藤みゆ。童貞君は28歳。

4人が4人のカウンセリングを終えた後、オナニー指導になりますが、カウンセリングとオナニー指導は担当者を変えるというこだわり。斉藤みゆが24歳の童貞君の相手をします。
斉藤みゆ「ではガウンをめくって見せてもらっていいですか」
いきなりのチンチン見せ、しかも業務的な手順が独特の雰囲気。
斉藤みゆ「あっ キレイな色ですね」

斉藤みゆ「ちょっと触りますね」
ナレーション「触診では 身体的に性行が可能であるか 勃起度などを確認します」
触診していると、みるみるチンチンが膨らんでくる。
斉藤みゆ「普段 勃起されやすいですか?」
男「そうですね」
斉藤みゆ「少し勃ってきましたね」

斉藤みゆ「ちょっとずつ硬くなってきましたね すごくいい」
地面と水平になるチンチン。触診というシチュエーションで少しずつチンチンが反応していく生々しさが、しっかり撮られていました。
斉藤みゆ「キレイに剥けてますね 硬さもいいし」

丁寧に触りながら細かくチェック。
斉藤みゆ「血管が出てますね」
露骨に手コキはしないで、いろんな部分を軽く押さえて触診しているのがまた独特で良い。チンチンの角度もさらに上がっています。

45度まで角度が出たところで、カウンセリングも行う。
斉藤みゆ「すごく勃起してきましたね」

普段のオナニーのやり方をチェック。
斉藤みゆ「あっ 先が多いんですね」

オナニーの指導。挿入した時は根元まで刺激されるので、挿入した時と近い形でオナニーした方が良いとアドバイス。

フェラ未経験の童貞君にフェラをするイメージを教える。ちなみにナレーションで「風俗店ではない」と念を押されています。ですので、安易にフェラをしたりはしない。指導だけですので、ここでは射精なし。

河音くるみがオナニー指導。同じようにガウンをめくってチンチンを見せるところから。

緊張気味で勃ちが悪い童貞君。

勃起してきたので触診。
河音くるみ「硬さも丁度いいくらいですね 色も健康的です」
射精の時に飛ぶかと聞かれると「確認したことがない」と答える。射精する直前にティッシュを被せるからだと言う。こういった返答も生々しい。

膣圧を意識した力加減を教える。

百瀬ひまりも同じようにオナニー指導。触診では色、硬さ、皮の剥け具合を見るのが共通している。

日比乃さとみも触診とオナニー指導。

シーン2

女性器の勉強。

5人の童貞君の前で淡々とストッキングとパンツを脱ぎ、下半身を露出する。
日比乃さとみ「はい では今から実際に 私の体を使って説明しますので」

陰核、大陰唇、小陰唇、尿道、膣口をきちんと解説。

看護師全員が下半身を露出して、それぞれ組になってお勉強。じっくり見てから触る。クンニまでやります。童貞君は5人いるのですが、1人はずっと椅子に座って見学のままで少し不自然でした。

少し暴走気味でAV男優らしいクンニをやって、童貞設定のリアリティがなくなっているところも。

指にコンドームを着けて挿入のイメージをつかむ。看護師は喘ぐことなく業務的な淡々とした姿勢。
日比乃さとみ「それでは これから みなさんのペニスを この中に挿入してみましょう」
こんなことも淡々と言います。

シーン3

性行前の陰部洗浄。4組になって看護師がチンチンを洗う。

ぬるい水で洗った後、ガーゼで拭いていく。ここも作業的に処理される感じに羞恥があります。

石鹸で丁寧に手洗いしていると当然ながら勃ってくる。

洗い終えてガウンを着せると、お仕事終わりとばかりにスタスタと退室。

シーン4

いよいよ1対1で筆おろしへ。いきなり行為はせずに筆おろし前のお話。2人きりでゆっくり話をしており、筆おろしを大切にしている感じが出ている。

緊張がやわらいだ童貞君にキスから。
百瀬ひまり「ファーストキス奪っちゃいました」

ゆっくりとガウンを脱がせていく、
百瀬ひまり「はっ」
勃起しているチンチンを見て驚くしぐさがかわいい。
百瀬ひまり「すごく勃起されていますね」

百瀬ひまりが下半身を露出して女性器の再確認。
百瀬ひまり「ここが大陰唇ですね」

クンニ、キスの後にチンチンを握る。
百瀬ひまり「すごく勃起されていますね」
普通のセックスとは違い、1つ1つの手順をゆっくり行っている。
百瀬ひまり「すごく硬さもいいですね」

フェラを初体験。
男「気持ちいいです」
百瀬ひまり「気持ちいいですか? 初めての口淫」

暗にストップをかけるようなしぐさの童貞君。
百瀬ひまり「どうしました?」
男「気持ち良すぎるかな」
繋いでいた手を引っ張られて、
百瀬ひまり「あっあっあっ(笑)」
少し驚いた様子で笑っている。おそらく童貞君は射精しそうになったのかと思う。百瀬ひまりの方を見て、何かを察してほしいように数回うなずいている。

仕切り直しのキスで落ち着く。

童貞君のギリギリな感じが伝わってくるので、何気なくチンチンを握られているシーンも暴発しそうでドキドキする。

コンドームを着ける。
百瀬ひまり「痛くないですか?」

コンドームとマンコにローションを塗る。

最後に気持ちを確認。
百瀬ひまり「もう童貞じゃなくなりますよ」

百瀬ひまり「いきますよ 痛かったら言ってください」
騎乗位でゆっくりと挿入していく。
男「あ すごいあったかい」

挿入して動く前に百瀬ひまりの手を押さえるしぐさ、
男「すいません早すぎ……」
百瀬ひまり「ん?」
フェラでヤバそうだった童貞君、挿入しただけでイキそうになっている感じだ。百瀬ひまりは気付いていないみたい。

先端をスコスコする感じで動く。
百瀬ひまり「どうですか? 気持ちいいですか?」
男「イキそう……」
百瀬ひまり「初めての……」
挿入して30秒も経ってないが、もう限界みたい。脚に力を入れているみたいで、童貞君の脚がプルプルしている。息を止めながら耐えている感じの呼吸。

男「イキます」
百瀬ひまり「イキます? 射精しそうですか?」
男「はい」
童貞君の足先に力が入っているのがわかる。出産しそうな息遣いも。

男「あぁ出ちゃた……」
百瀬ひまり「あっ」
男「すいません……」
百瀬ひまり「出ちゃいましたね」
射精したタイミングがわかりにくい童貞らしい初セックスでの射精。一瞬、内股になりましたが、そのあたりで射精したのかな。カメラの視点が変わっているのでノーカットではないですが、童貞君の反応を見ると時間は繋がっている感じ。挿入から1分30秒もかからずに射精しました。それよりも射精をこらえる童貞君の反応が生々しすぎて良かったです。脚の力の入り方、息遣い、頭の動かし方、手で押さえるしぐさなど自然な反応でした。フェラでイキそうになったところから本当にギリギリなのが伝わってきた。それを百瀬ひまりが完全に理解していたわけではないですが、はっきり言いだせなかった童貞君の態度もリアル。本物の童貞が看護師に筆おろし検診をされていた感じが十分に出ていた。

早漏だが大成功。拍手で称える。

シーン5

2人目の筆おろしは斉藤みゆ。お話をした後におっぱいを触らせる。

手順は同じで女性器の再確認。

優しい手コキで勃起させる。
斉藤みゆ「少し舐めてもいいですか?」
フェラもやります。

コンドームを着けて、
斉藤みゆ「最初ちょっと慣らしますね」
軽い素股で慣らす。

騎乗位で挿入。
斉藤みゆ「今半分ぐらいです」
そこから両手を繋いで根元まで沈めていく。
斉藤みゆ「今 奥まで入ってます」

斉藤みゆ「締め付けられる感じあります?」
男「ちょっとあります」
斉藤みゆ「ゆっくり動かしますね」
看護師は喘がず、業務的に腰を動かしているみたい。セックスというよりリハビリとか介護みたいな印象。

斉藤みゆ「少しずつスピード上げますね」

しばらく業務的な騎乗位。喘がないですが、少しガマンしているような感じもエロい。
男「あぁ出そうっ!」
斉藤みゆ「いいですよ 出してください」
騎乗位のままゴム射。
斉藤みゆ「すごいドクドクしてるのわかります 全部出してくださいね」

シーン6

3人目は河音くるみ。童貞君はカウンセリングで早漏だと言っていた男。

女性器の確認から手マンとクンニ。攻守交替して手コキ。
河音くるみ「あっ けっこう硬くなってますね」

おっぱいを見たいという男だが、風俗じゃないのでNG。でも河音くるみの厚意で谷間を見せてくれる。
河音くるみ「ガマン汁が出てきましたね」

フェラはNGではないので、やってくれます。

手コキしていると、
男「ちょっとヤバくなってきたかも」
河音くるみ「あっ ちょっとイキそうになっちゃいました?」
男「はい」
河音くるみ「じゃあ挿入していきますか」

騎乗位で挿入。
男「あぁ あったかい」

声は出さないけど、少し荒い息遣いがエロい。

男「なんか出ちゃいそうです」
河音くるみ「出ちゃいそう? 出してください」
男「いいんですか? あっ出ます」
騎乗位でゴム射。
河音くるみ「出し切りましたか?」

シーン7

4人目は日比乃さとみ。トークでリラックスしてから長いキス。

キスしてから仰向けになると、ガウンのテントがわかりやすい。

女性器のおさらいをしてからフェラ。
日比乃さとみ「すごい硬くなってますね」

日比乃さとみ「大きく口で含みますね」
と言ってから咥え込む。

女性器の勉強の時にクンニの味が良かったというので、顔面騎乗で舐めさせてあげる。
日比乃さとみ「上手だと思います」
声は出さないですけど耐えている感じは出しています。

コンドームを着けて騎乗位で挿入。

射精には苦戦した印象で、長めの騎乗位になりましたが無事にゴム射。

感想

筆おろし性交クリニックという現実にはありえないクリニックにリアリティを感じるほどの内容でした。行為、看護師、患者ともにハマっていた。本当にこういうクリニックがあって、童貞が受診している感じが出ていました。

看護師が業務的に淡々とエロ行為をするのが独特の味。特に触診では狙いすぎない抑えの効いた行為なのが上手かったです。斉藤みゆの触診では、軽くタッチして触診しているとムクムクとチンチンが反応してしまうのが面白かった。セックスでも、あくまで看護師は喘ぐことなく業務的に動く。そんな業務的なセックスでも射精しちゃうところが屈辱的でもあって羞恥がある。

最後まで筆おろし性行クリニックというスタイルに徹していました。単調さを気にして余計な演出を加えてしまいそうな企画ですが、そういうことはなかった。クリニックの業務マニュアルに沿っているというリアリティを出すためには、騎乗位オンリーでの射精という形になりますが、展開は単調になっても4人とも同じマニュアルでやっているという感じになっていたのは、こだわりの部分かと思います。おっぱいすらNGというのも、AVにおいては難しい決断だったんじゃないでしょうか。何もやっていないようで、凡人には中々できないことをやっていると思う。

1人目の筆おろしは、生々しい早漏感が感じられました。フェラの時に射精しそうになって、百瀬ひまりの手を引っ張るところでは、百瀬ひまりも戸惑って笑っていたのが印象的。男からしても射精しちゃいけないタイミングであることはわかっていますので、ギリギリのところで踏みとどまる緊張感が感じられた。挿入するとすぐイキそうになって「すいません早すぎ……」と言う男ですが、はっきり言えないので百瀬ひまりは「ん?」と、わかっていない感じ。このお互いの意識のズレも面白かった。女性側がわかってくれていないからこそ、暴発してしまう緊張感が高まる。脚に力を入れて息を止めつつ耐えている男の耐え方は本気にしか見えなかった。演技でよくやるわざとらしいガマンとは一線を画していた。射精の瞬間をはっきり言えなかったのも筆おろしらしいフィニッシュ。

収録時間:177分(HD版:177分)
監督:柏倉弘
シリーズ:性交クリニック
メーカー:SODクリエイト
レーベル:SENZ

DMM.R18 筆おろし性交クリニック

DUDA 筆おろし性交クリニック

MGS動画 筆おろし性交クリニック

XCITY 筆おろし性交クリニック

コメント

タイトルとURLをコピーしました