【VR】世界で一番気持ちのいいチンポを持つ男『パコラー』になって10人の女性に求愛されるリアリティショー

VR
VR 巨根 早漏・暴発

恋愛リアリティショー『バチェラー』のパロディ。世界で一番気持ちのいいチンポを持つ男『パコラー』になって10人の女性に求愛されるVR体験。モテモテの3時間、セックスでは自慢のチンポでイカせまくる。>>感想
FANZA 【VR】リアル性交サバイバル PACOLOR JAPAN VR

パート1 – 23分22秒

元ネタ:バチェラー・ジャパン

『バチェラー・ジャパン』は、Amazonプライム・ビデオにて配信されている恋愛リアリティの婚活サバイバル番組。ハンサムで社会的地位を確立している才色兼備の独身男性(バチェラー)の元に集まった25名の独身女性たちが、バチェラーの心を勝ち取るためにゴージャスでロマンチックなデートをしながら過酷なバトルを繰り広げていく。運命の相手となる最後の一人の女性が残るまで、1つのエピソードで用意されたバラ数だけ女性たちが勝ち残っていく。

パロディ:パコラー

そのパロディである『パコラー』。ハンサムで社会的地位を確立し、世界で一番気持ちのいいチンポをもつ独身男性(パコラー)の元に集まった10名の女性たちが、パコラーの心とカラダと子種を勝ち取るためにエッチなデートをしながら過酷なバトルを繰り広げていく。運命の相手となる最後の一人の女性が残るまで、1つのエピソードで用意されたバラの数だけ女性たちが勝ち残っていく。

モテモテの自分が10人の女性に狙われるハーレム物です。
会場に案内され、奥の階段から1人ずつ女性がおりてきて挨拶。
これからセックスするかもしれない、結ばれるかもしれない相手との初対面にドキドキする。
会場が豪華ですし、MCもそれっぽい語りをして本物の番組のような力の入った作りになっています。安っぽい作品にはなっていない。

MCがルールの説明。
用意された数本のバラをパコラーが持ち、パートの終了までにバラを渡された女性はその場に残り、バラを渡されなかった女性はサヨナラとなる。バラの中にファーストローズというバラが1本あり、その時点で最も気に入っている女性に渡される。
最初のパートではファーストローズが1本、通常のローズが5本。つまり4人が脱落する。
乾杯の後、10人の女性が一斉にアピールしてきます。わかりやすいモテ体験。
その後、1人ずつアピール。後ろの9人に見られながらというのも独特の緊張感がある。
それぞれ設定があり、愛瀬るかはトップモデル。
愛瀬るか「業界は違うけど トップ同士 いい遺伝子持ってるでしょ?」
おっぱいを寄せて誘惑。パコラーを落とす競争ですので、積極的に誘惑してきます。
女性側は「心とカラダと子種を勝ち取る」のが目的なので「いい遺伝子持ってるでしょ?」と、露骨に精子を求めたりします。

巨乳で誘惑してきたり、「大人の恋愛教えてください」と経験の浅さを売りにしたり、財力をアピールしたり、アイドルがぶりっ子して誘惑したり、10人のアピールを受ける。その中で、実家が農家の藤波さとりが緊張しながらジャムを渡してくれて、後ろで見ている女性に笑われる。純な感じがヒロインっぽいです。ジャムを「あーん」して食べさせてくれます。
藤波さとり「良かった 私このぐらいしかできることなくて その何て言うか男運も悪くて 今まで楽しいデートとか その……セックス……とか あんまりしてこなかったので 今度こそ幸せな……セックス……してみたいなって思ってます」
全員のアピールが終わった後、ウブでちょっとダサい藤波さとりがパコラーからファーストローズを渡されて場内がザワつく。

残り5本のバラを1人ずつ選んで渡す緊張のシーン。
女子大生の乙咲あいみ、地下アイドルの美甘りか、クラブDJの神咲まい、モデルの愛瀬るか、元風俗嬢の大浦真奈美の5人が選ばれる。
選ばれなかった4人は退場。この作品の出演女優は10人ですが、4人はパート1で退場するので実質6人ですね。

パート2 – 32分05秒

例のプールで水着姿の女性たちとグループデート。
まずは1人ずつ水着で挨拶。水着姿自体も良いですし、これからセックスするかもしれない相手として見ると勃起しそう。
そして例のプールに入って遊ぶ。これはVR体験として面白いです。このプールに入れるだけで感動もの。
ボールを投げたり、水鉄砲を撃ったり、女子をクルクル回したり、水をパシャパシャかけたりして遊ぶ。
1人ずつ近づいてアピールもしてくる。

プールサイドで、また藤波さとりにファーストローズを渡す。大本命になっています。
大浦真奈美「良かったら乾杯しません?」
水の中ではアピールしてこなかった大浦真奈美と乙咲あいみはプールサイドでアピールしてくる。
キレイな胸の谷間に目がいっちゃいます。VRだからガン見できるけど、リアルだったら目が泳ぎそう
軽いボディタッチや囁きもある誘惑。

乙咲あいみ「あの もし良かったら この後オイルでマッサージしてあげますけど どうですか?」
あまり経験がないと言っていた女子大生が囁き声で秘密のお誘い。
移動して2人きりになる。
乙咲あいみ「さとりさんがいいんですか? 私さっきすごい不安になっちゃって」
さとりが推されている展開で不安になり、積極的に仕掛けてきた。真っすぐな気持ちを伝えてきます。
乙咲あいみ「だから私に いっぱいアピールさせてください」
水着姿でオイルを塗ってくれる。
パコラーが乳首で感じると、乳首を重点的に攻めてくれる。
乙咲あいみ「なんだかこのへんも凝ってるみたい 力いっぱい押しますね よいしょ」
股間におっぱいを押しつけてくる。

美甘りか「ちょっとぉ 何してるのよ 抜け駆けはズルいよ」
乙咲あいみ「抜け駆けって べつにそういうんじゃない」

美甘りかもマッサージが得意だと言い、2人で張り合うようにマッサージをしてくる。
パコラーの股間が膨らんできて、
美甘りか「あぁ すごい……」
乙咲あいみ「なんか すごい ここ」
美甘りか「大きくなってますねぇ」

世界で一番気持ちのいいチンポをもつという設定。
奪い合うようにパンツを脱がされ、先に美甘りかがチンポを握り、乙咲あいみも負けじと握ってくる。文字通りのチンポの奪い合い。
美甘りか「私が一番気持ちいいんですよね?」
乙咲あいみ「そんなに速くシゴいたらダメだよう」

奪い合いながら、気持ち良くしてくれる。

脱ぎかけのパンツを下ろされて、
美甘「あぁ おっきい」
デカチンという設定ですが、実際のところ普通か小さいくらいに見える。設定で「おっきい」と言われているのか、お世辞で「おっきい」と言われているのかわからないほど。でもチンポを奪い合われるVR体験は面白い。
乙咲あいみ「どっちが気持ち良くできるか はっきりさせよう」
2人でフェラ。協力するんじゃなくてチンポを奪い合う。チンポを乱暴に扱われそうでちょっと怖い。
美甘りか「私が一番ですよね?」
乙咲あいみ「私のテクニックどうですか?」


乙咲あいみがおっぱいを見せて、負けじと美甘りかもおっぱいを見せる。
乙咲あいみがおっぱいにオイルを塗って擦りつける。太腿を擦っている間に美甘りかがパイズリ。
乙咲あいみ「先越されたっ」
美甘りかを押して乙咲あいみがパイズリポジションを奪う。
交互にフェラして交互にキス。
美甘りか「私の中で出してください」
イカせようとするフェラ。乙咲あいみが奪い返して咥えると、
乙咲あいみ「んっ!? んんっ!」
美甘りか「もしかして うそっ!?」

乙咲あいみに口内射精。
美甘「もしかして イっちゃったんですか?」
口の中の精子を見せて笑顔の乙咲あいみ。ムッとしてチンポを咥える美甘りか。
がっつきすぎたせいか、2人とも脱落。

パート3 – 45分27秒

バーで飲んでいるパコラーと女性4人。
乾杯をするが、藤波さとりは入って来れずに離れてカウンターに座っている。
大浦真奈美、神咲まい、愛瀬るかが飲みながらパコラーを誘惑。
神咲まい「どうやったら酔うのかな? もっと飲ませちゃおっかな」
酔ってきて3人がキス。
愛瀬るか「舌は?」
ディープキスもしてくるが、本命の藤波さとりが奥にいる状況で気まずい。
神咲まい「誰とでもチューしちゃうの?」
キスと両耳への囁き攻撃。

パコラーの股間を触ってくる。膨らんできたようで、
愛瀬るか「ツーショット行きたい」
大浦真奈美「後でツーショット行こうっ」

パコラーがグイグイ誘われ始めて、
藤波さとり「あの 私も一緒に飲んでいいですか?」
勇気を出して藤波さとりも参加。
でも3人のボディタッチの勢いが強くて、
神咲まい「もう感じちゃってるの?」
大浦真奈美「私のも触っていいよ」

誘われておっぱいを触っちゃうパコラー。
藤波さとりが引いちゃうかと思いきや、空いたグラスを交換して隣に座る。空気を読んだ3人が引きます。
テロップで説明が入り、藤波さとりが持ってきたドリンクはノンアルコールだったらしい。飲まされまくっていたので気遣ってくれたようです。そういう優しさに惚れ直すパコラー。

パコラーと藤波さとりが良い雰囲気すぎて、
神咲まい「ダメダメ 阻止しなきゃ」
強引にツーショットを誘う神咲まい。そのまま2人でベッドルームへ。
鼻息を荒くしてパコラーに迫る。軽いノリで誘惑していたかと思いきや、大浦真奈美や愛瀬るかとキスをしているのを見て、傷づいて涙が出そうだったと。
神咲まい「でも 泣いたら負けだと思ってるから 泣かなかった」

神咲まい「ねぇ いっぱい私のこと抱きしめて」
実はメンヘラかと思うような、ちょっと狂気じみた愛情をぶつけてくる。
勢いに呑まれるように、抱きしめて濃厚なキスと耳舐め。
見つめ合って、
神咲まい「目線を逸らさないで 私だけ私だけ」
パコラーのことをもっと知りたいと言って脱がせてくる。
神咲まい「今触っちゃったけど もうアソコもビンビンなんだね 嬉しい」
狂気じみた迫り方だけど、しっかり勃起しちゃっているパコラー。
神咲まい「もっとアナタを味わっていいですか?」
乳首舐め。乳首が硬くなって喜び、さらに激しく舐める。

神咲まいが自分のファッションと体をアピール。
お尻を向けて触らせてくれる。
神咲まい「アナタだけのお尻だから いっぱい激しくしていいんだからね」
お尻をたっぷり触った後に脱衣ショー。
Tシャツを脱ぎ、ズボンを脱いで下着姿になる。
下着姿でキスしながらおっぱいを揉ませ、ブラを取る。
小振りなおっぱいを鷲掴み。
神咲まい「あっ もっと激しく求めてっ」

神咲まい「下も見たくなっちゃった いい?」
パコラーを脱がし、チンポを握る。
神咲まい「いっぱい いっぱい気持ち良くしてあげるね」
パコラーを寝かせて乳首舐め、指フェラ。
股の間に移動してチンポを握って嬉しそうな表情。
神咲まい「こんなに こんなに硬くなってるオチンポ 私に見せてくれるんだね 嬉しい」

ガマン汁をイジって、
神咲まい「もうガマンできないの? わかった」
むしゃぶりつく激しいフェラ。玉も舐めます。
神咲まいが目の前でパンツを脱ぎ、パイパンマンコを近づけてクンニさせる。
クンニでイっちゃいます。
神咲まい「ごめん ごめんイっちゃった」
お尻を向けてシックスナインの体勢でアナルをガン見。
そのままシックスナインでもイカせる。

神咲まい「アナタと合体したい」
重すぎる愛を語り、
神咲まい「だってアナタの遺伝子が欲しいから」
キスをして騎乗位で挿入。
神咲まい「もっと激しく 激しくしていい?」
激しくピストンして2回イっちゃう。

反転して背面騎乗位でパンパン。
背面騎乗位から起き上がってバックでパコラーがパコパコ。
神咲まい「あぁこんなに激しいの初めてっ!」
バックで撃沈させる。
神咲まい「もっと見つめながらしよう」
正常位。
神咲まい「あぁすごい奥まで もっとそうして 奥当たるっ」

神咲まい「いいよ出してっ アナタの遺伝子 私にちょうだい!」
正常位で中出し。
神咲まい「こんなに私に出してくれた 嬉しい 私のもの 私のもの」
中出しをしておいて神咲まいを切っちゃうパコラー。

パート4 – 48分13秒

残り3人。女子3人でお喋りしている。
描かれていないけど、パコラーと藤波さとりがデートしたらしい。
しばらくすると愛瀬るかが話しかけてきて、藤波さとりを好きなのはわかっているけど、自分のほうがふさわしいと思うと言って強気に誘惑してくる。
その後に大浦真奈美もアピールしてくる。
最後に藤波さとりも話しかけてきて、デートのお礼と今の想いを伝えてる。しかし、恋愛経験が少ない藤波さとりは、今の気持ちが恋愛感情かどうかわからないという。その言葉にパコラーは動揺。
そしてバラを渡す時、ファーストローズは大浦真奈美。
愛瀬るかに諦めの表情が見えたが、残ったバラは愛瀬るかに渡される。

MC「では最後のデートです 今回このバラを受け取った方が パコラーの最終的なデカチンを捧げる相手となります」
最後は3Pで愛瀬るかと大浦真奈美がパコラーを奪い合う。

2人がキスをして、
愛瀬るか「ねぇ おっきくなってるけど どっちで?」
選べる立場の王様状態。
愛瀬るか「ねぇ これ見たいな 見てもいい?」
2人にズボンを脱がされる。
大浦真奈美「あぁすごい」
愛瀬るか「すごい勃ってる」
大浦真奈美「ホントに立派なんですね」

パンツ越しの膨らみを褒める。愛瀬るかが股間を触り、
愛瀬るか「あぁ すごい大きい しかも超硬いね」
2人とも褒めてくれるけど、実際のところそんなにデカくないというギャップが恥ずかしくもある。

交互にキスした後、パンツを脱がされて、
愛瀬るか「すごい大きくなってるね」
大浦真奈美「すごい立派」

なんか、実物を見ると小っちゃかったのを無理に褒めてくれている感じもする。
2人が手コキをしたり、乳首や足を舐めて奉仕。
競い合う手コキの後、おっぱいを出して触らせる。
どっちのおっぱいが好きかで勝負しています。
揉んだ後に舐める。

愛瀬るか「ねぇ舐めていい?」
大浦真奈美「ちょっと 私も舐めたい」

愛瀬るかが先にフェラをして、
大浦真奈美「すごい敏感なんですね じゃあ私のフェラだとイっちゃうかも」
元風俗嬢のフェラテクのマウントが良いです。
大浦真奈美に交代。フェラされながら愛瀬るかのおっぱいを揉む。
交互にフェラをして、最後は2人同時に。

愛瀬るか「ねぇ もうだいぶ濡れてるんだけど触ってほしいな」
大浦真奈美「私のも触って」

ダブル手マンで2人をイカせる。
愛瀬るか「気持ちいい ホント上手だね」
大浦真奈美「すごい イカされちゃった」


愛瀬るか「次は私がイカせてあげる 入れていい?」
大浦真奈美も入れたがるけど、先に愛瀬るかが騎乗位。
愛瀬るか「すごい締まりいいでしょ 気持ちいい?」
騎乗位でイカせる。
愛せるか「このチンポすごい」
反転して背面騎乗位。

大浦真奈美に交代して騎乗位。
大浦真奈美「あぁすごい 今までのオチンチンの中で一番気持ちいい」
さすが「世界で一番気持ちのいいチンポをもつ」と言われるパコラー。
大浦真奈美「あぁイっちゃう もうイっちゃう あぁイクッ」
元風俗嬢もあっさりイカせる。
反転して背面騎乗位。

大浦真奈美「今度後ろからいっぱい突いて」
バックで奥を突く。
大浦真奈美「奥まで すっごい大きいの奥まで届いてる」
デカチン設定だけど、ようやくデカチンらしいコメント。
大浦真奈美「こんな気持ちいいの初めて」

パコラーが激しくパンパンして、
愛瀬るか「そんな激しくしたらイっちゃうよ」
大浦真奈美「いいよイって 中に出して」
愛瀬るか「ズルい ダメだよう」

バックで中出し。
大浦真奈美「いっぱい出てる……」
愛瀬るか「え!? 出しちゃったの?」


愛瀬るか「でもまだ勃ってるよね」
愛瀬るかと正常位で中出し。
そして最後のバラを渡す。
これでパコラーとしてはエンディングを迎えます。

パート5 – 33分39秒

『パコラー』終了後、テロップでパコラーから「全部包み隠さず話します」と、事情が語られる。
そして最後はメインヒロインの元へ。
藤波さとり「SNSだって大炎上するかも」
テラスハウスの事件よりは前に収録されているでしょうけど、リアリティショーの生々しい話題。
藤波さとりとのカラミでハッピーエンドへ。
フェラの時に、
藤波さとり「すごいオチンチンおっきい」
好きな子のフェラは別格なのか、フェラで暴発しちゃいます。
藤波さとり「もう出しちゃったの?」
世界で一番気持ちのいいチンポをもつパコラーが、経験が少ない子のフェラで暴発しちゃって「もう出しちゃったの?」と言われる始末。
藤波さとりが怒ってキャラが変わる。
藤波さとり「勝手にイって パコラーのくせにっ」
イったばかりのチンポを攻め続ける。

藤波さとり「まだ出来るよね? ねっ ベッド行こう」
気を取り直してベッドへ。
クンニ、シックスナイン。
藤波さとり「さすがパコラーだね さっき出したのにまた大きくなってる」
パコラーの威厳を取り戻して騎乗位。
藤波さとり「このチンポ 真奈美にも入れたんでしょ? どっちがいい? 私と真奈美のマンコ 私のほうがいいよね?」
遠慮がちだった藤波さとりが、大浦真奈美に張り合う。
騎乗位→背面騎乗位→背面座位→対面座位→正常位、
藤波さとり「このチンポ入れてもらえないなんて 他の女の人かわいそう」
純な子かと思いきや、実は性格悪いオチもありそう。
正常位で中出し。
藤波さとり「これでパコラーは私のもの」
計算だったのかとも思えるセリフ。

感想

3時間のモテモテでヤりまくりの体験

自分だけが絶対的にモテまくる世界で10人の女性から求愛されてセックスしまくれるVR体験。と言ってもエッチな絡みがあるのは6人ですけどね。
冒頭の挨拶でドキドキと期待が高まり、まずはこの子に抜いてもらい、次はあっちであの子とセックス、その次は2人同時に来られて3P……。エロゲーかエロ漫画のような世界をVRで体験できる。現実世界に戻りたくなくなるような3時間のストーリー。

ノリの軽そうなDJがメンヘラっぽかったり、純粋でウブな藤波さとりが実は計算高い女に思えたり、ひねりのあるキャラクター設定も印象的。

セックスは4人と。神咲まいとは狂気的にグイグイ迫られるセックス、愛瀬るかと大浦真奈美はパコラーを奪い合う3P、最後は藤波さとりと愛のあるセックスっぽいと思いきや実は曲者かと思えるセックス。それぞれ違っていて単調さはないです。

女優10人(実質6人)で3時間、価格は通常と変わらず980円~1,280円。
いろんな子とヤれるエロさもあり、ストーリー体験としても濃く、他にはない個性もあり、贅沢な作品。

世界で一番気持ちのいいチンポをもつ

王様的存在なだけじゃなく、世界で一番気持ちのいいチンポをもつパコラー。設定的にはデカチンで、女性がチンポを見た時に「おっきい」とか「立派」とか言われますが、実際のところデカくはない感じ。小さいのをお世辞で褒められているような気分にもなる。
大浦真奈美はデカチンに対する反応が良かったです。元風俗嬢という設定なので、褒め上手なところも意識したのかもしれない。

それはさておき、世界で一番気持ちのいいチンポで4人をイカせまくるのは爽快です。求愛されるだけじゃなくて、セックス自体も王様気分。

藤波さとりに暴発

パート5の藤波さとりのフェラで暴発しちゃうのは意外な展開でした。参加者の中で一番経験がなさそうな藤波さとりのフェラで、世界で一番気持ちのいいチンポを持つパコラーが暴発させられるという意外性。さらに「もう出しちゃったの?」「勝手にイって パコラーのくせにっ」と、おとなしくて優しかった藤波さとりに怒られる。

本当に好きな子のフェラだから暴発したの?それとも経験が少ないというのはウソで、熟練したテクニックだったのか?思えばジャムの演出とかあざとすぎるので、後者かもしれない。このあたりを濁したままなのも良いです。本当に恋愛リアリティショーに参加して迷っちゃう気分。

基本品質

画質、縮尺、照明は問題なし。TMAVRは安定しています。

オープニングの作りも凝っていて、ロケーションも複数あって豪華。架空のリアリティショーである『パコラー』の主人公になりきれるクオリティ。さすがパロディAVのTMA。3時間たっぷり楽しめたVR体験でした。

配信開始日:2020/05/31
収録時間:183分 (HQ版:183分)
出演者:大浦真奈美 愛瀬るか 神咲まい 乙咲あいみ 美甘りか 春川莉乃 小坂芽衣 伊月優 富井美帆 藤波さとり
メーカー:TMA
レーベル:TMAVR
コンテンツタイプ:3D

FANZA 【VR】リアル性交サバイバル PACOLOR JAPAN VR

コメント

タイトルとURLをコピーしました