女をイカせられなかった・男負け

イカせ・勝負

痴漢撲滅捜査官として痴女責めで痴漢を倒してきた相内つかさが痴漢のカリスマとセックスバトル

エロい体で痴漢を釣って成敗する痴漢撲滅捜査官。圧倒的な体と痴女っぷりで8人も発射させた後、以前逃げられた痴漢のカリスマと対決する。シーン4までは絶対的な強さを見せていた痴女だったが、痴漢のカリスマは過去にない強敵で「(どうしよう…… ここまでやるなんて…… それに えも言われぬ指使い 上手い 感じてきちゃう! 次の駅に着くまでに まだ時間がある もう少し ガマン……しないと……)」と、押され気味。さらに一進一退の攻防の後で潮吹きまでさせられてしまう。「どうだ俺のテクは」と勝ち誇る痴漢のカリスマの前に無敵の痴女が敗れてしまうのか!?
イカせ・勝負

19歳のドS女が年上M男を責めまくる企画で最後にドS男が出てきて犯されガチ泣かされ

普通にしていると清純で優しそうな跡美しゅり(大学生・19歳)ですが、セックスになるとドS。叩いたり言葉責めしたり、チンチンを見れば「アタシの家の犬の方が チンチンおっきいんだけど これホントにチンチンなの?」とサイズを馬鹿にしちゃうし、クンニをさせると「ヘタクソ 童貞?」。Chapter 3までは女王様っぷりを見せつけて男を馬鹿にしまくっていたが、Chapter 4ではS男優がブチ切れて跡美しゅりがガチ泣き。それにしてもガチかと思うような2人の険悪な雰囲気は凄かった。S対Sの雰囲気最悪なセックスが面白い。
イカせ・勝負

色仕掛けのスペシャリストが傲慢な男の天狗の鼻をボキッと折る

色仕掛けのスペシャリストの新聞記者がブラック企業の社長やイケメンミュージシャンをハニートラップで堕とすドラマ。主役の西野翔がハマっており、男を堕とす説得力のある言葉責めや体のエロさ。その最強の色仕掛けのスペシャリストが最後は自分が天狗の鼻を折られるのも衝撃的。
イカせ・勝負

ハプバーで姫咲はなを襲って「どないや?」とドヤるオジサンが「へたっぴ」と言われて通用せず天狗の鼻折れ

シリーズ展開されている『魅惑のハプニングバー』の第4弾は姫咲はな。Chapter 3で関西弁のオジサンが姫咲はなを拘束して責めるが「気持ちいいけど なんか下手」「へたっぴ」と言われ、女性3人が見ている中で屈辱を受ける。そこからイカせ合いっぽいセックス。
イカせ・勝負

アマゾネスの戦士みたいでガチで強そうな三喜本のぞみが男とタイマンバトルファック2試合

三喜本のぞみのバトルファック系作品。Chapter 1とChapter 5が男とのタイマンバトルで、Chapter 1では大島丈と対戦。三喜本のぞみは格闘技の下地があるかのような動きで、組み方も投げ方も不慣れなAV女優が企画でやらされている感じがなくてガチで強そう。肉体と動きに説得力があるから、男が責められている時はガチで女に屈服させられるM的な興奮があり、三喜本のぞみが責められている時は強い女が屈辱的な姿をさらす興奮がある。
イカせ・勝負

「私のことをすっごいイカせる自信あるの?」と挑発する女に「もちろん 任せてよ」と余裕の男の結末は…。

0.009mmの世界一薄いコンドームを使って、新婚夫婦の子作りを疑似体験する企画。Chapter 1は凄テク我慢勝負っぽい展開になり、吉沢明歩が「そんなに自信あるの? 私のことをすっごいイカせる自信あるの?」と挑発。男は「もちろん 任せてよ」と強気。バチバチ感のある中、無様なオチが良かったです。
イカせ・勝負

21歳男子がキャリア8年のAV女優を「ヒーヒー言わせたるっ」と強がるが圧倒的な力の差を見せられる

キャリア8年のAV女優・初音みのりの素人宅訪問企画。3軒目は年下の21歳男子で、2人きりでの撮影となりました。本当にプライベートな空間を盗撮しているような自然な会話をする2人。お姉さんの初音みのりがリードして、羨ましすぎるほどにイチャイチャしてきます。でもセックスになると、初音みのりを満足させるまで終わらせないような空気になって、男がかわいそうにも思えてきた。サキュバスと化した初音みのりに対し「みのり ヒーヒー言わせたるっ」と奮起する男ですが、力の差は歴然でした。
その他

人妻x出張ホストで欲求不満の人妻を満足させるはずが底無しの性欲で立場逆転

元アイドルで刺激を求める人妻が出張ホストとデート。イチャイチャしてから人妻が本番をお願いしてセックスへ。最初は出張ホストらしいテクニックとリードで人妻をイカせていたが、「気持ちいい …でも物足りない」と底無しの性欲で出張ホストもタジタジ。
イカせ・勝負

オジサンをなめきった塩対応JKにセックスが通用しない屈辱からの2回戦で「わからせ」

JKとオジサンのハメ撮り。スマホを見ながらの塩対応JKとセックスするが、まったく感じさせられないまま先に果てちゃうオジサン。小娘相手に屈辱的なセックスでしたが、2回戦ではアンアンと鳴かせて「わからせ」る。
イカせ・勝負

大人の余裕を見せていた女教師を最後の8分を切ってから突き崩す痛快なセックス

女教師と弄ばれた男子生徒とのドラマ。相沢みなみの痴女教師役がめっちゃハマっていて、中でも余裕のある大人の感じ方が良かった。「上手」「気持ちいい」とは言うけど、先生が子供を褒めてあげている余裕がある。2時間の作品の残り8分を切ってから、先生の余裕を崩すのがジェットコースター的な気持ち良さ。
イカせ・勝負

経験人数1人の超ウブな新人AV女優だったはずが豹変してしみけんを暴発させる

ボーイッシュな新人AV女優、児玉れな。森林原人とのカラミでは、未開発の女子が1回イカされるとメロメロになって男に落ちちゃうようなかわいいセックスを見せた。しみけんとのハメ撮りでは、開発されたばかりの最弱女優かと思いきや、しみけんのほうが押されてしまい、最後はバックで暴発という衝撃の展開。新人女優を満足させられなかったしみけんがムスッとされて「ごめんなさい」と謝罪。
巨根

アプリで知り合ったJKにはチンポがデカすぎて「う… 痛い…」

アプリで知り合った子とのハメ撮り。ヤル気のなさが生々しくてリアル。指で「ちょっとだけ痛い」と言っていたほどですから、デカチンを挿入すると「う… 痛い…」と。
イカせ・勝負

近年稀に見る理想的な後輩女子を落としてセックスしてみたらサキュバス

リアリティが凄い『ナンパ連れ込みSEX隠し撮り・そのまま勝手にAV発売。』シリーズ。理想的ともいえる後輩女子を連れ込んだ先輩。時間をかけて雰囲気をつくり、恥ずかしがる後輩のガードを1時間以上かけて解くのですが、セックスの中盤あたりから後輩女子が本性を出してきて男を罠にかけたサキュバスのようでした。最後は後輩女子に主導権を握られ、ミイラ取りがミイラになっていた。
イカせ・勝負

ボーイッシュなアイドルが魅せる素人系作品として究極的な生々しい反応

素人系作品として大きな衝撃を受けたクリティカルヒットな作品。本当にセックスに慣れていないボーイッシュなアイドルが見せる生々しい反応が素晴らしい。
イカせ・勝負

AV男優が激しいセックスで3発も射精したのに「もう終わりですか?」というセックスモンスターの看護師

AVにおいてヤリマンやセックスモンスターというキャラは多いですが、この作品の看護師さんは今まで見た事ないレベルで本物だと感じた。森林原人が3発もヤったのに「もう休憩?」と続けたがる。森林原人が逃げ帰った後、少し寂し気に「性欲 性欲だけは本当に満たされないんだよなぁ」とつぶやく。ベテランAV男優が激しく3発ヤっても通用しない、悲しきセックスモンスター。
タイトルとURLをコピーしました