デカチン5本の中からベストな1本を選ぶ麻美ゆま「あぁすごい どんどん拡げられてく なにこのチンコォ」

麻美ゆまが5本のデカチンを1本ずつ味見してベストな1本を選ぶ企画。5人をフェラと手コキで審査して3人を選出した後に挿入して具合を見るという流れ。業界最長クラスの男優の長さをメジャーで測ったり、最太のウルフ田中の亀頭を測ったり、細かく審査していました。
(DMM.R18 デカチン味くらべ 麻美ゆま)

シーン1

冒頭のインタビューで巨根に対して思う事は、
麻美ゆま「自分が なんかおっぱいが その どちらかというと なんていうんだろ ちょっと大きめ? みたいな感じなので なんかちょっと考えちゃうんですよね なんかちょっと仲間じゃないんですけど(笑) やっぱり大きければ大きいほど 悩みもあるし なんかね ちょっとそういう目で見ちゃうところもあるんですよね」
巨乳と巨根でシンパシーを感じるところがあるようです。
長いのと太いの、どちらが好きかと聞かれて、
麻美ゆま「えーーー…… 長いのと太いの…… 太いのかな」

5人のデカチン男優を1人ずつ審査していく。
麻美ゆまが待つ部屋に勃起した男優が入ってくる。
男優「おはようございます」
麻美ゆま「ちょい待って(笑) 顔の前に こっちに目線いっちゃったんですけど」
男優「こっちを見せようと思ってですね」
麻美ゆま「すごいですね すごいお久しぶり? ですよね」
男優「超久しぶりですね」
久しぶりの共演らしい。こういう私的な会話があると素っぽくていいですね。
麻美ゆま「すいません久しぶりすぎて 大きさの事は記憶になかったんですけど」
男優「ホント?」
麻美ゆま「さっそく いいですか見ても?」

パンツで弾いてボロンと飛び出し、
麻美ゆま「ああっ おっきい! こんなおっきかったでしたっけ?」
驚く表情が良いです。

握ってみると、
麻美ゆま「太いですねぇ なんか丸じゃなくて こういう感じ(楕円?) っていうんですか?」
さすが独特のとらえ方でコメントしています。
麻美ゆま「横幅が あんま横幅チンチンで感じた事ってないんですけどね すごい カリもしっかりしているというか」

目をつぶって口で感覚を確かめる。亀頭の時点で、
麻美ゆま「すでにデカい」

2人目は小野晃。パンツの上からチンチンの形がはっきりわかり、
麻美ゆま「もうバッチリこう シルエットが出てますね」

麻美ゆま「ちゃんとこう カリの形と裏筋までしっかり」
触りながら視聴者にもわかりやすく伝える。

六分勃ちくらいと言うので寝かせて攻める。
麻美ゆま「なるほどー なんか中に詰まってる感じしますね」

フェラ。
麻美ゆま「んんっ 口の中で すっごいどんどん大きくなってくる」
アピールポイントは「黒さ」と言われて咥えたまま笑っちゃいます。

麻美ゆま「太いですね」

3人目は業界最長クラスの男優で、
麻美ゆま「あっ 長い 長いですね!」
萎えた状態でもわかる長さ。

握って確認。
麻美ゆま「長い これは新たな長さですね これ今 MAX勃ちですか?」
男優「いやぁ4割ぐらい」
麻美ゆま「全然じゃないですか(笑) 4割でこれ!? ええっ!?」
4割で常人のフル勃起サイズくらいあって驚く麻美ゆま。

長いのでチン長測定。まずは4割時点で、
麻美ゆま「まず4割時点で 14……違うな15cmありますねこれ」

フェラを始めると、どんどん大きくなるのがわかる。
麻美ゆま「長っ!」

勃起したので再測定。
麻美ゆま「おおっ! これ17cm超えてますね 17.3ぐらい」

常人からしたらデカいですが、まだチンチンは下向きなので、この男優のMAXではない感じ。

4人目はムータン。
麻美ゆま「なんかおかしくないですか位置? こんなんなります普通?(笑)」

パンツを脱がし、
麻美ゆま「まぁ…… まぁご立派なことで(笑)」

触って確認。
麻美ゆま「えー! 太くて ちょっと長い 長め?」
ムータン「ホントですか?」
麻美ゆま「太長いですね」

麻美ゆま「しかも かなりの勃起力」
縦に弾いたり横に弾いたりして楽しんでいる。
太長くて勃起力もあるとなると高評価っぽい。

咥えて確認。
麻美ゆま「んんっ んんっ おぉっきぃい」

麻美ゆま「離れて見ても やっぱ大きいですね」

四つん這いにして後ろから握る。
麻美ゆま「わあっ えーっ 恐ろしくないですか ちょっとこのデカさ」

麻美ゆま「尻尾みたいっていうか…… えーっ 不思議!」

麻美ゆま「えー…… 握った感じがちょっと太くて チンチン握ってる感じじゃないです」
ホントに興味深そうに触っています。

最後5人目。
麻美ゆま「はー 長めですねぇ 色も良い感じに熟しておりまして」

アピールポイントは玉で、
麻美ゆま「玉もデカいですね これねぇ 玉デカいですよこれ」

フェラ。
麻美ゆま「すぐ喉の奥に 当たります」

最後は重さを確認するように持つ。

5本見て感想を述べた後、全員集合してベストデカチンを選ぶ。

じっくり眺めてから似ている2本のチンチンを見つけて握ってみるが、
麻美ゆま「あっ 硬さがやっぱり触ると違いますね」
外見だけではわからない部分も審査。2人を舐め比べもします。

麻美ゆま「さっきよりもまた長くなってませんかちょっとこれ? どういうことこれ? 隠れますよ私の目線こう」

3本並べて、
麻美ゆま「種類が違うっていう みんな ま 長さでいったら このオチンチンなんでしょうけど」

1本ずつフェラしながら感想。
麻美ゆま「なんか太さが なんだろ 本当に少しずつこういう風にデッカくなってる気がする 根元の方がすごい」

まだ1人は選べないということで、候補を3人選ぶことに。
真っ先に選ばれた1人目は長いチンチンの男優。
残り2人は左にいる2人。
麻美ゆま「この時点で ね ちょっとフニャって元気なさそうにしてるのは ちょっと寂しいなと思ったんですけど」
小野晃はフニャり気味で落選。でもガチで選んでいる感じがする。

シーン2

選んだ3人と、
麻美ゆま「これじゃあ ちょっと挿れて あのぉ なんだろ 具合見るみたいなのしていいですか?」
もう手コキもフェラもしたので、後は挿入だけ。

デカチン相手なのでローションを塗って準備。
麻美ゆま「怖いよ怖いよ デカチンが……」

1人目が挿入。
麻美ゆま「目つぶって わっ すでにデカい ふー……」
ゆっくりと奥に挿れていく。
麻美ゆま「おおっ すごい 突き進んで来る感じしますね これ」

男優「今 半分ぐらい」
麻美ゆま「半分!? 太い あははっ」

男優「根元まで挿れちゃいます」
っと言うが、
麻美ゆま「んーっ ちょっと待った 怖い怖い」
麻美ゆまがビビるってところがすごい。でも挿入していき、
麻美ゆま「んー 破壊されそうっ んーっ あっ」
男優「あと2cmぐらい」
麻美ゆま「あと2cm んー あっ パンパンなんですけど あっ 余裕がない感じ」

麻美ゆま「これ なんか もう挿れてるだけで お腹いっぱいなんですけど 動かなくても」

2人目はムータン。
麻美ゆま「んーっ なんか いろんなところに当たるっ これ今どのくらい入ってます?」
ムータン「今あの半分ぐらいですかね」
麻美ゆま「半分っ!? 半分なんですかこれで?」

本当に半分なのを確認してビックリ。
麻美ゆま「当たるっ すごいっ ああっ!」

麻美ゆま「じゃあ 未体験……お願いします」
最長のチンチンを挿入へ。

麻美ゆま「長いっ」
鏡で結合部をチェックしながら、
麻美ゆま「いっぱい入ってるのに まだ全然余ってるチンチン」

麻美ゆま「んんっ 当ったる……奥に」

根元まで挿入する前にギブアップという感じ。

勝者を選ぶ予定でしたが、まだ決定できず。
最長チンコだけ落選。デカすぎて挿入が難しそうだったのと、勃起力がイマイチだったので仕方なしか。

麻美ゆまも全裸になって選ばれし2人と再挿入。
麻美ゆま「ズズズズズッて入ってる感じする」

麻美ゆま「んんっ おっきいぃ あぁ おっきい」
体の反らせ方が良いです。
麻美ゆま「いろんなとこに当たって気持ちいい」

麻美ゆま「コリコリいってる」

麻美ゆま「比べたい」
比較しての勝負ですのでムータンに選手交代。
麻美ゆま「硬いぃ 形がちょっと違う 当たるところが微妙に違う」
比較ならではのコメント。
麻美ゆま「側面当たる すごい拡げられてる感じする」

麻美ゆま「この 入ってるところが見えるのがすごい おっきい証拠だね」

麻美ゆま「当たったことないとこ当たってる気がする」

バック。
麻美ゆま「すごい 突っ込まれてるって感じする」

ムータンがバックで評価を上げていたので、負けじと選手交代。
麻美ゆま「また違う さっきと」

騎乗位。
麻美ゆま「すごい気持ちいいとこ当たる」

気持ち良くなっていたけど、
麻美ゆま「ダメッ 比べなきゃ」
ムータンに交代。

麻美ゆま「ここらへんに当たってる感じする なんかもう 腰の骨のほうまで来てるよ」

正常位。
麻美ゆま「すごいグイグイ来る 気持ちいいよっ」

麻美ゆま「すごいすごい 破壊されそう オマンコすごい ああっ おっきい」

麻美ゆま「見たいっ デカチンから精子出るとこ見たいっ 見せてぇ」
おっぱいに射精してお掃除フェラ。

もう1人も正常位。
麻美ゆま「すごいカリがっ カリが擦れて気持ちいいゴリゴリしててっ オマンコおかしい事になってるよねぇ どうなってる おかしいよー オマンコおかしい」
泣きそうな顔で感じている。

顔射でフィニッシュ。

麻美ゆま「入んないっ」
大口開けてお掃除フェラ。

「どっチンポ」か聞かれて、
麻美ゆま「こっチンポ!」
勝者が決まる。

麻美ゆま「いろんな意味で破壊されそうだった」

シーン3

敗者3人を抜いてあげることに。
1人目は最長チンチン。
麻美ゆま「長ぁーい」

麻美ゆま「これだけ長いと 部分によって気持ち良さ違うんですか?」
男優「先っぽですかね」
麻美ゆま「先っぽなんですね」

フェラから手コキで射精して、お掃除フェラ。

2人目の玉デカ男優はシックスナイン。

3人目の小野晃もフェラと手コキで。

シーン4

男優が2人来て、
麻美ゆま「なるほど太チンvs長チン的な」
太いのと長いのと、どっちが好きか結論を出してもらう企画。

フェラと手コキで勃起させる。
太いのと長いの、それぞれ感想を言いながら。

男優も攻めて普通に3Pっぽくなる。

手マンで潮吹き。

麻美ゆま「来てぇ 太いの 太いのちょうだい」
太いほうから挿入。

太いのを堪能した後に長いほう。
麻美ゆま「ああっ すごいっ 長いっ」

唖然としたような表情で感じています。
麻美ゆま「当たる ズンズン来るよ すごいよ」

麻美ゆま「奥のほうまで入り込んで来る感じする」

太チンでバック。
麻美ゆま「圧迫がすごい」

長チンもバック。

側位。
麻美ゆま「長いの気持ちいいっ」

太いチンチン、長いチンチンがそれぞれ正常位をして、長いチンチンがおっぱいに射精。

太いチンチンも正常位から顔射。

太いのか長いのか、答えを詰まらせるけど、
麻美ゆま「太いの…… 太いのかな なんか全部入るから 入ってる感じがしましたね 太いの それが良かったのかな」

シーン5

太いのが好きと言った麻美ゆまに、業界最太のウルフ田中をぶつける。
麻美ゆま「えっ? なにこのビッグテント デカい」

麻美ゆま「今回のデカチンキングさんは 先っぽヤバいですね ヤバい」

亀頭外周を測定。
麻美ゆま「え…… 15cm? 15cm? すごいですね」

Mだと聞いてチンチンをバシバシ叩く。
麻美ゆま「すごい 力強いチンチン ずっと勃ってるよだって」

言葉責めしながら、
麻美ゆま「いつからこんなデカチンになったの?」
ウルフ「小学校4年生からです」
麻美ゆま「小学校4年生でデカチンになったの!? 悪ガキだねぇ」
キャンプの連れションで自分のデカさに気付いたというエピソードも。

かなりバチバチ叩きます。
麻美ゆま「すごいねー 赤くなってきちゃったよ チンチン」

顔面騎乗でクンニ。

シックスナインの後に気張りながら騎乗位で挿入。
麻美ゆま「あぁすごい どんどん拡げられてく なにこのチンコォ」

麻美ゆま「どんどん拡張されてく感じ オマンコ」

背面騎乗位。
麻美ゆま「ねぇ おっきい! なんでこんなにおっきいの!」
ウルフ「あぁすいません おっきくてすいません」
麻美ゆま「もっと謝って おっきい!」

正常位→側位→正常位で顔射。

感想

『デカチン味くらべ』シリーズらしい内容で、数本のチンチンを比較してフェラしたりセックスしています。麻美ゆまさんは、さすがにコメント力があり、反応も多彩でした。逆に言うと企画をわかり過ぎている部分があり、狙いすぎているところもある。それでもデカチンを挿入するところの反応はリアルでしたね。男優のチンチンの個性もわかりやすかったので、良い反応に繋がっていたかと思います。

一番長いのと太いのはサイズも測ったりしていて、数字で見せるのはわかりやすいです。

男優側も勝負なので、競いあっているもの面白かった。

収録時間:119分
出演者:麻美ゆま
監督:坂本優二
シリーズ:デカチン味くらべ
メーカー:アリスJAPAN
レーベル:アリスJAPAN

DMM.R18 デカチン味くらべ 麻美ゆま

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top