長いチンコが好きだと言っていた萩原さやかが本物のデカチンで「拷問 これは拷問だよ(笑)」

個人撮影みたいな雰囲気も感じる中でのカラミ。男優のチンコを見て「ワーオ! オーイエー ビッグペニス!」「オチンチン長い」と言って驚き、長いチンコは「好きだよ」とも言う。しかし、いざ挿入してみると「長すぎる……」「壊れちゃったらどうしよう」と困惑。激しく突かれると半ベソをかき「もういいー……」「拷問 これは拷問だよ(笑)」「レイプされてるみたい」と、本当にレイプされているみたいな反応でした。
(カリビアンコム ギャル25時思うがまま)

シーン1

寝ているところ触りまくる夜這い的な場面から。

パンツをズラしてマンコをくぱぁ。

5分ほど触ったところで起きる。
萩原さやか「おはよう」
男優「よく寝てましたね」
この状況でも堂々とした態度。

シーン2

仕切り直してカラミへ。
萩原さやか「なんか 寝てるとき邪魔されると不機嫌なんですよ」
男優「あはははは あ そうなんだ じゃあ今 不機嫌すかじゃあ?」
萩原さやか「不機嫌 不愉快じゃ」
と言いつつ笑顔も見せる。

萩原さやか「仕事のカラミはあるけど プライベートのセックスは先月 4ヶ月ぶりぐらいに1回した(笑)」
プライベートでのセックスはあまりできていないみたい。
オナニーはしないという。
萩原さやか「想像力がないから オナニー なんか オモチャとか物だし 指も指だし 肉体がなきゃね」
男優「もうひとつ」
萩原さやか「肉棒が(笑)」

おっぱいはEカップだと言い、
男優「確認しないとね」
服の上から揉む。

男優「ウソついてないですね これね」
萩原さやか「うん おっぱいだぜ イェーイ!」
ギャルの軽いノリ。

お尻をチェックしながら性感帯を聞く。
萩原さやか「クリちゃんも好きだけど 敏感すぎて あんま使えないんだよね」

男優「調べますよ 私がね」
萩原さやか「ホント? じゃあ お医者さんみたいに調べるんだ」
素直に身を任せる。

脱がすテンポの早い男優。
男優「セックスはサクッとやんないと」
萩原さやか「まあね」
男優「サクッとやって サクッと出すと」
萩原さやか「いいなぁ それ」
ブラも取っておっぱい解禁。
男優「どういうエッチが好きなの? さやかちゃん」
萩原さやか「え すごい愛のあるセックス(笑)」
男優「あははははっ」
男優の言っている事と逆でした。

男優「舐められるの好き?」
萩原さやか「うん!」
乳首舐め。
男優「噛みやすいサイズですね この乳首」
萩原さやか「コロコロコロコロしてる?」
男優「エッチの時 声出す?」
萩原さやか「フフフフ いや 出してほしくないならガマンします(笑)」
男優「普段は?」
萩原さやか「そんなプライベートセックスのこと聞くだなんてー」
男優「恥ずかしいの?」
萩原さやか「覚えてないよ(笑) してないもん だってしてない」
「4ヶ月ぶりぐらいに1回した」という程度ですからね。

マン毛のチェック。剃っているけどパンツの部分は残してあり、
男優「なんでこんだけ残すの?」
萩原さやか「名残」
男優「名残毛?」
萩原さやか「うん 私は一応 オトナの女よっていうこう……」
当時はパイパンが珍しいこともあり、マン毛に対する考え方も面白い。
キレイなマンコに指を入れる。
わりと普通に会話をしています。
男優「中どこが気持ちいい?」
萩原さやか「探して」

男優「じゃあね 俺の指よりもっとすごいの入れちゃおっか」
萩原さやか「オチンチン?」
男優「それは まだね」
萩原さやか「うそー チンチン……」
男優「オチンチンは まだまだお預け」
ディルドーを出して、
男優「はい オチンチンだよ」
萩原さやか「なんてムラムラしない形だ」
「オモチャは物」と言っていましたからね。でも本物の肉棒だけが好きな感じもエロい。
男優「ほら こんぐらいの大きさどう?」
萩原さやか「大きさよりも長さがビックリだよね」
男優「あぁ長いね たしかにね 全部入れちゃう?」
萩原さやか「うん」

長いウネウネを挿入すると、
萩原さやか「なんか蛇入れられてるみたい(笑)」
見るのが苦手みたいで、
萩原さやか「なんか移植してるみたい何かを なんかヤダ なんか見たくない(笑)」

双頭になっており、反対側を口にもっていく。
萩原さやか「全然ムラムラこないよ(笑)」
オモチャで感じないという素直な反応がナチュラルで良いです。
男優「しょーがないなぁ さやかちゃん」
萩原さやか「ごめんね」

男優が反対側の亀頭を咥えると、
萩原さやか「あぁそれムラムラしてくる アタシのオチンチン咥えてるみたい アタシのオチンチン長いでしょ ヘタクソね もう」
男優「ヘタクソ?」
萩原さやか「なんで歯立てるの 音鳴らしなさい」
言われて音を鳴らす男優。それを眺めて嬉しそう。
男優「そういうアレじゃない」

手マンをする男優にダブルフェラをさせて喜ぶ。
萩原さやか「裏筋もちゃんと舐めてよ」
男優「すごい フェラチオ上手いな俺」
萩原さやか「こっちも舐めて ほら」
男優「それ俺がやるほうだよ(笑)」
ツボにハマったみたいで、
萩原さやか「ホモビデオ見てるみたい(笑)」

手マンで喘いで潮吹き。ようやくAVっぽさが出ます。今までの軽いノリから大声で喘ぐ変化が良いです。
萩原さやか「全部出したらエッチできなくなっちゃう」

クンニされながらディルドーをペロペロ。
萩原さやか「優しく舐めて」

男優の股間でディルドーをフェラ。
男優「さやかちゃん それ さやかちゃんのチンチンだよ」
萩原さやか「やっぱり?」

パンツの上から触り、
萩原さやか「なんかパンツの中でオチンチンが窮屈そうにしてる かわいそうになってきた」

萩原さやか「自然に帰そう」
パンツを脱がせる。
萩原さやか「ワーオ! オーイエー ビッグペニス!」
男優「あはははは ビッグペニス?」
萩原さやか「オッケー ハッピー」

萩原さやか「オー オゥ……(笑)」
軽いノリで「ビッグペニス!」と言ったけど、握って持ち上げると本当に長くて戸惑った感じ。

萩原さやか「いただきます」
男優「どうぞ」
少しフェラしてから改めてチンコを見て、
萩原さやか「オチンチン長い」
細いけど本当に長い。
男優「長い?」
萩原さやか「うん」
男優「長いの嫌?」
萩原さやか「好きよ」

舌の押す力でも折れちゃいそうな細さと長さ。
萩原さやか「気持ちいい? どこが気持ちいいの?」
男優「やっぱカリかな」
萩原さやか「カリってこれ?」
男優「そう」

萩原さやかから誘ってシックスナイン。
萩原さやか「カリがね すごいね パンパンになってきてるなんか 破裂しそうなんか いいなぁ いいなぁ いいカリしてるよ」
長さと竿の根元部分の細さが特徴的で本当にすぐ折れそう。

萩原さやか「入れるしかないでしょ」
と言って脱衣。
男優「体位は何が好きなの?」
萩原さやか「バックー」
男優「バック? じゃあ正常位だ」
萩原さやか「あははははっ」

男優「いくよ」
萩原さやか「うん」
スムーズに半分ほど挿入。
男優「半分入っちゃった」
萩原さやか「全部入るかな?」

奥まで入れると眉間にシワを寄せてさすがにキツそう。
萩原さやか「あっ あっ んっ!」
男優「入っちゃった 入っちゃったよ わかる?」
萩原さやか「うん わかる」

男優「入れたらどうする?」
萩原さやか「動くの」
ピストンすると、
萩原さやか「ああっ! あっ!」
悲痛にも近い喘ぎ声を出して、ピストンが止まると、
萩原さやか「長すぎる……」
男優「ん? 長すぎる?」
萩原さやか「長すぎる(笑)」
男優「響いちゃう?」
萩原さやか「響く」

萩原さやか「壊れちゃったらどうしよう」
男優「どうしよっか 壊れちゃったら」
萩原さやか「責任とってね」
男優「うん とるとるとる」
と言って再びピストン。プレッシャーをかけたつもりが逆効果で半笑いの萩原さやか。
男優「とる 壊しちゃおうじゃあ」
萩原さやか「うそー ダメッ」
男優「壊しちゃお」
萩原さやか「やめてっ」
長いのを「好きよ」と言っていましたが、想定外だったようで本当にキツそう。

男優「一週間くらいエッチできないけど」
萩原さやか「できなくなっちゃう」
細長いモノが出入りするところを接写。

モンキースタイルで上から突き刺す。
根元までリズムよく挿入して、それに合わせての大きな喘ぎ声がエロい。

萩原さやか「あぁ休憩……」
ピストンを止めてもらう萩原さやか。ガチでヘバっているみたい。
男優「休憩?」
少し休ませて側位へ。
正常位だけでヘトヘトになっている萩原さやか。「壊れちゃったらどうしよう」とも言っていましたが、長いチンコの破壊力を感じる。

出産しているかのような速い呼吸。
遠慮しているのか少し浅めに突きます。

好きだと言っていたバック。挿入されながら体が伸びる。

ここでは萩原さやかもお尻を叩きつけて根元まで挿入しているから凄い。

迫力あるアングルで激しいピストンを撮る。

萩原さやか「んっ! んっ! うっ!」
体勢が崩れて上から突かれ、踏ん張るような声。

立ちバック。

激しいピストンからゆっくりのピストンに変えるとチンコが抜ける。こんな長いモノで奥まで突かれているとなると萩原さやかの悲痛な喘ぎ声や呼吸の乱れも納得。

片脚を上げて激しいピストン。

座位の体勢になると、
萩原さやか「もういいー……」
ガチなギブアップ宣言。
男優「あはは なんで?」
萩原さやか「もう満足した もう満足した もういい……」

萩原さやか「もういい」
とりあえず喘いではいます。

ゆっくりした突き上げから急に激しくされて、
萩原さやか「ああっ! あーっ!」
半泣き状態でグスグスしています。
男優「どうしたの? 気持ち良くて泣いちゃった?」

泣いちゃっているけど容赦なく突く男優。
萩原さやか「もういい もういい もういい グスッ グスッ んー……」
グズっちゃっているけど、とりあえず続けているプロ。

力技でチンコを抜こうとする萩原さやか。
男優「あーダメダメダメッ」
萩原さやか「もう痛い もうもうダメ(笑)」

萩原さやか「拷問 これは拷問だよ(笑)」
デカチンに「痛い」って言う事はありますけど、ここまで強く拒否するのは珍しい。
萩原さやか「もう拷問 助けてー(笑)」

男優「ダメダメダメ」
萩原さやか「助けてー」
男優「ダメダメダメダメ」
萩原さやか「私 穴だけが必要なのね(笑)」
ずっと笑顔なので険悪な雰囲気ではないですけど、嫌がっているのは本当みたい。自分の気持ち良さが度外視なセックスに「私 穴だけが必要なのね(笑)」というコメントも強烈。

フェラが得意だとアピールしてフェラ抜きをしたがるけど、拒否されて突かれる。
萩原さやか「あ゛あ゛あ゛ぁーーーっ!」

カットが入って正常位。本当にダメだったみたい。
男優「大丈夫大丈夫」
萩原さやか「大丈夫じゃない(笑)」

射精しようと頑張ってピストンするが、萩原さやかは痛そう。
萩原さやか「レイプされてるみたい」
男優「レイプじゃないよ さやかちゃん 普通のセックスだよ」

本当にレイプされているみたいな反応。

男優「オチンチン嫌い?」
萩原さやか「もういいっ もういい もういい」
男優「大丈夫大丈夫」
萩原さやか「明日にしよう」
断固拒否じゃなくて明日に延期というところが優しい。
涙も出ちゃっています。

男優「最後 一緒にイこうか」
萩原さやか「いやーーー」
普通に拒否される。
男優「イカないの? さやかちゃん 俺イっていい? じゃあ」
萩原さやか「うん」
射精の直前、ようやくチンコが抜ける。もう体に力が入ってなさそう。

おっぱいに射精。

男優「嬉し泣きしちゃって」
萩原さやか「すごい嬉しい」
ウソっぽさを隠さない返答で終了。

感想

昔ながらというか、あんまりキチッとしていない自然体でのカラミで面白かった。悪ふざけとか自由なトークとか、個人撮影みたいなノリ。わりと2人が自由にヤっている感じがあっただけに、デカチンいじりや挿入での痛そうな反応もリアルでした。長いチンコを「好きよ」と言っていましたが、いざ挿入すると「長すぎる……」となり、「壊れちゃったらどうしよう」と冗談っぽく言った後、本当に壊れされそうな痛々しい反応を見せていた。最初は遠慮していた感じもあった男優ですが、終盤は容赦なかったです。泣いちゃっている萩原さやかに激しくピストンしていた。

プライベートだけでも50人くらいは経験人数がいると言っていましたが、本物のデカチン男優でデカチンの恐ろしさを知った感じもあります。

フェイクじゃなくてガチでこんな状態になるのも昔だからこそですかね。SMでもないノーマルなカラミという話で、ここまでやると今ならNGっぽい。「拷問 これは拷問だよ(笑)」「私 穴だけが必要なのね(笑)」と全然気持ち良くないことを隠さないところも印象的でしたし、半ベソ状態でも最後まで続けるあたりはプロでした。男優のチンコもガチで長かった。萩原さやかがこんな状態になるくらいですからね。

時間:59分8秒
出演:萩原さやか

カリビアンコム ギャル25時思うがまま

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top