9本のチンチンを優希まことが比較「長いのと太いの……どちらかと言えば太いほうが好きですね」

6人の中から好きなチンチンを3本選んで試し挿入で良かった2本と3Pや、長いチンチンと太いチンチンで競いあったり「デカチン味くらべ」のタイトル通りチンチンを比べまくる企画。顔の大きさと比べたり、実際にメジャーで長さを測ったりもしています。
(DMM.R18 デカチン味くらべ 優希まこと)

シーン1

6人の男優を用意し、チンチンを1本ずつ見てもらう。
全部見た後に好みのチンチンを選んでもらう。まずは1本目。
男優「すいません チェックを よろしくお願いします」
優希まこと「すでに勃ってますね」

優希まこと「ここ すごい張りがいいですね」
男優「ありがとうございます 色艶も」
優希まこと「ああ確かに 色艶 カリがすごくキレイ」
マジマジと見つめて感想の述べる。でもデカチン企画で「デカい」と言わないあたり、大きいとは思ってないみたい。

咥える。
優希まこと「ここ気持ちいいっすね ツルツルしてて」
亀頭の張りが気持ちいいらしい。

2人目。
男優「どうですか?」
優希まこと「あっ おっきいですね あ 太いのかな」
今度は大きいらしい。
男優「女性のここ(手首)と同じくらい 比べてみてください」
太さをアピールする男優。手首と比べた優希まこと、
優希まこと「ここでしょ…… いや 手首より太いですよ アタシ持てない ほら ここまで わかるかな」
男優「女性の手首くらい?」
優希まこと「全然手首よりありますって えー! すごいな」
手首より太くて驚かせる。

優希まこと「これが日本人の男性の平均なんですよ ちょっと比べますね」
模型との比較。
優希まこと「あっ 太さ倍ありますね 全然太い あ硬いっすね」

優希まこと「せーのっ えいっ!」
下に押してビヨーンと弾く。

3人目。
優希まこと「硬い さっきの人も硬いけど 硬いですね」
パンツを脱がす。「硬い」という感想ばかりで、大きさにはあまりふれない。
そして咥える。咥えてみるとデカさがわかる。

4人目はムータン。しかし勃ちが悪いのでシゴき、先端をペロペロしてもらう。

勃起して、
優希まこと「長いって言うのかな おっきいって言うより」
長いけど太くはないって感想ですかね。
っとここでメジャーを持ち出してチン長測定。

優希まこと「じゅうろ……19.8cm……ウソです(笑) こっちから見ると6が」
ビックリした。測り直して、
優希まこと「15.5…… 15.5です」
けっこうちゃんと測った数字。

優希まこと「長いですね」

5人目も萎え気味なのでシゴいてもらうが勃起せず退場。

6人目は20cm砲の男優。
優希まこと「もう ここにこうビヨンといるのが 右曲がりですね」
やはりパンツを脱ぐ前から別格のデカさか。

パンツを脱がし、
優希まこと「あぁ長い これ だいぶ長いですね」
シゴく、
優希まこと「フフフフフ 下太いし もっと長くなります?」
男優「長くなります」
優希まこと「どうやったら長くなりますかね?」
シゴきながらペロペロする。

顔と比較。
優希まこと「同じぐらい?」

優希まこと「じゃあ 長さ測ってみますか」
メジャーを持ち出す。必死でシゴいて大きくしようとする男優。少しでもデカく見せたい男の意地が感じられる。

70%ぐらいと言うのでフル勃起待ち。
優希まこと「でも長そうだな……」

フル勃起ではなさそうだったが測定。
優希まこと「17……ここいったら8ですか? これ7? 7の半分ですよね 17.5」
結果は17.5cm。この男優のMAXから考えたら物足りないでしょうけど、それでもご立派。

優希まこと「あれ? こうやったら伸びましたよ? フフフフ あれ?」
伸びたところを測って、
優希まこと「18.5ですね」

模型と比較。でもチンチンが萎えてきた。
優希まこと「大きい 太さも勝ってますね平均より」
フル勃起させればもっとデカいだろうけど、問答無用で計測や比較をするところが台本がない感じで逆に面白い。実際より小さい結果を出されてしまうのは、けっこう屈辱的。

6人から3本を選ぶ。
全員がシゴいてアピールするが、
優希まこと「でも やっぱ 一番長いですよね」
真っ先に最長の巨根男優をいじる。

長さでは負けるが太さをアピールする男優。
優希まこと「ここ多分 硬かったんですよ」
2本を握って、
優希まこと「どっちも太い(笑)」

反対側も握る。
優希まこと「んーーー えーーー?」

男優A「カリだったら僕だって 引っかけられますよ」
左奥の男優がカリデカをアピールするが、
優希まこと「でもこっちカリと長いの兼ね備えてますよ(笑)」
やっぱり大きさの話になると18.5cmの男優が有利。

優希まこと「じゃあ1番! 1番ってか 1人目」
デカチン男優が1人目に選ばれた。

優希まこと「じゃあ2本目で 硬いし 太いんで」
カリデカをアピールしていた男優が2本目に選ばれる。左の2人は最後も同時に握られた後の判定なので、負けたほうは悔しい。

3本目はムータン。台本通りの出来レースではあるだろうけど、勃ちが悪かったのはプロとして良くなかった。
優希まこと「じゃあ おっきくなったのを想像して」
という理由で選ばなきゃならない女優がかわいそう。

シーン2

前戯なしに挿入して感触を確かめる。
優希まこと「太い方ですよね」

男優「どうですか?」
優希まこと「あー そういう感じ?(笑) 新しいですこれ」
普通のセックスと違う反応で面白い。マンコで感触を確認するような反応。

優希まこと「ここと ここが なんか いっぱいになってる感じです」
手でマンコとチンコを表しながら解説。
優希まこと「両端がもう いっぱいな感じが」

高速ピストンで喘ぎ声が漏れる。
優希まこと「気持ちいいっ」
解説モードから普通のセックスモードへ。

続いてムータン。
優希まこと「2本目……いいですね」
ムータン「いいですか?」
優希まこと「なんか 長さも太さも丁度いい感じ」
平然と受けて説明する優希まこと。ムータンクラスでも余裕か。
ムータンも激しくピストン。
優希まこと「丁度いいですね」
ベストって事ではありますが、「大きい」と言ってもらえないのは悔しいところ。

最後にデカチンを挿入するが、すぐ萎えちゃう。
立派なモノでも勃たなきゃ意味がない。必死にシゴき、勃起待ちの優希まこと。
優希まこと「3人目 緊張しちゃったんですかね(笑)」

優希まこと「大丈夫ですか? やりましょうかなんか?」
男優「大丈夫ですっ」
ガチで必死な男優。頑張ってシゴく。
このまま暗転。

シーン3

男優A「さっきの一番大きな方 フニャってなっちゃってましたね」
優希まこと「アハハッ そうですね残念」
男優A「一番 明らかにデカかったのに」
優希まこと「んー 17cm 長いし」
男優A「負けちゃったと思ったんですけど 柔らかくなってくれたんで」
勃起力の差でデカチン男優は脱落。

フェラ。
男優A「奥まで入らなくないですか? 半分もいけないでしょ?僕の こんだけ長いんですよ」
耳の横に突き出し、
男優A「耳届くでしょ?」

負けじとムータンもフェラしてもらう。

バックで挿入。
ムータン「なかなか キツくて入らない」

ムータン「どうですか? おっきいでしょ?」
優希まこと「おっきい」
ムータン「奥まで入ります?」
優希まこと「奥……」
さらに突いて、
ムータン「どのへんまで入ってます? 僕の」
優希まこと「えっ…… 子宮」
これはあまり良くないパターンだと思いますが、男優から喋っちゃうとただ決まった答えを言わされるだけな感じに。

ムータン「あぁ皮がついていくる オマンコの皮がついてきます」
男優A「ホントだ 中身出てきちゃいそうだ」

激しくピストンするムータン。気持ち良さそうな優希まこと。

男優A「今のチンポと よく比べて 僕のも」

根元まで挿入し、
優希まこと「おっきい」
男優A「どうですか? 硬くないですか僕のチンポ?」
優希まこと「すごく硬い」

男優A「長いでしょほら こんなにストロークあるんですよ僕の どうですか? 絶対僕が一番ですよねほら 太いチンポ気持ち良くないですか?」
優希まこと「気持ちいいっ」

男優A「ほら入っちゃってますよね?」
優希まこと「奥まで……」
男優A「ここまで入っちゃってますよ」

激しく動き、
男優A「こんな激しい動きにも耐えられるんですよ僕のチンポ すごくないですか?」
優希まこと「すごい……」

男優A「引っかかってんのわかります? 中のビラビラ」
優希まこと「すごいわかる」

ムータンに交代。
優希まこと「おっきい」

ムータン「奥まで入ってます?」
優希まこと「奥まで……入ってる」

ムータンが顔射。

お掃除中にもう1人が挿入。
男優A「僕のほうが絶対大きいですから」

騎乗位。
優希まこと「奥まで当たって…… あぁおっきい あぁおっきいの 気持ちいい」

正常位。

正常位から顔射してお掃除フェラ。

ムータン「僕のほうが良かったですよね!?」
男優A「どっちか決めてください」
どっちのチンポでSHOW。

優希まこと「んー どっちか」
男優A「僕ですよね?」
ムータン「僕ですよ!」
チンチン選びで迷う優希まこと。

男優A「イってもまだこんなに大きさありますよ」
優希まこと「こっち!」
最後のアピールが効いて勝利。
ムータン「あー チクショー!」
男優A「一番の理由はなんですか?」
優希まこと「硬くておっきかったから」

シーン4

優希まことの楽屋に行き、落ちた4人を抜いてやってほしいと頼む監督。

4人が待つ場所に行って射精のお手伝い。
1人目を手コキで射精してお掃除フェラ。

優希まこと「あっ 太いんですね(笑)」
ここでマックスを見せた2人目。時すでに遅し。
手コキで射精。お掃除フェラもあり。

3人目も同じく手コキで射精してお掃除フェラ。

4人目も同じ。

シーン5

長いチンチンと太いチンチンのどちらが好きかと聞かれ、
優希まこと「長いのと太いの……どちらかと言えば太いほうが好きですね」
一杯になる感じが良いらしい。
長いチンチンは、セックスの時は痛くないけど終わってから痛くなるとのこと。

という事で長いチンチンと太いチンチンの味くらべ。
優希まこと「こっちが多分太い人」

長い方の長さを指で測って太い方と比べる。比べる企画ですからね。

長い方から中身を確認。
優希まこと「あ長ーい(笑)」

優希まこと「そうですね ここですね 多分ここかな」
太い方はカリが太いみたい。太いとカリが引っかかるかと聞かれて、
優希まこと「抜く時 あっ 挿れる時 抜く時 どっちも」

2本を近づけて比べる。
優希まこと「あっ違いますね やっぱ 全然違いますね 人それぞれですね」

長い方を奥まで咥えてみる。
優希まこと「でも半分ぐらいですよ すごいな」

太い方も奥まで咥える。
優希まこと「あの ここ(亀頭)があるんで 喉の奥までは入んないです 止まっちゃいますね」

2本をシゴく。
優希まこと「こっちの方が往復いっぱい はい 長いから」
やはり長い方がストロークも長い。

楽しそうにチンチンを見比べたりいじったり。
優希まこと「長い あんまりいないですよね こんなに長いのは」

優希まこと「手ぐらい 手の平から指ぐらいまでの長さ」

優希まこと「こっちはカリがやっぱ大きいですね(笑)」
優希まこと「キノコみたい」

長い男優と太い男優がそれぞれアピールして勝負っぽくなる。
1本ずつフェラ。
セツネ「太いと こんな顔 歪んじゃうよね」

長い方も負けじと、
天河「ほら 入りきらないでしょう」
優希まこと「全然入んない(笑)」

3Pへ。今回は普通に前戯あり。

セツネ「まことちゃんのちっちゃいよね 大丈夫? 太いの入る?」
優希まこと「ちっちゃい?(笑) わかんないです ちっちゃいか」

指を4本挿れて拡張。

長い方から挿入。
セツネ「すっごい奥まで入ってるね」
優希まこと「いっぱい奥に当たる」

激しく突く天河。

セツネが挿入。
ちょっと歯を食いしばってキツそう。
セツネ「すっごい こすれてるでしょ」
優希まこと「うん いっぱいこすれてる」

セツネ「出る時と挿れる時どんな感じ?」
優希まこと「カリがいっぱい引っかかる」
天河「引っかかるの気持ちいいの?」

セツネをフェラしながら後ろから天河が挿入。

天河「長いの奥まで当たっていいでしょう ほら」
優希まこと「いっぱい子宮に当たる」

天河「奥だけグリグリしてみよっか こうやって どう?」
優希まこと「気持ちいいっ」

天河「全部入るじゃない すごーい」

セツネがバックで挿入。
セツネ「カリがおっきいから1回入ったら抜けないでしょ」

激しいピストン。

セツネ「さっきより すーごいデカくなってるね」
天河「穴が大きくなってるよ」

どっちのチンチンが入っているか当てるゲーム。
セツネ「絶対後ろ見ちゃダメだよ」

セツネ「今どっち入ってんの?」
優希まこと「え…… 長い方?」

挿入待ちで唇を噛むしぐさがかわいいです。

天河「今度は どっち?」
優希まこと「んー 太いの」
セツネ「やっぱりわかるんだね」

自分で腰を振らせる。

騎乗位。

天河「すごいね潮吹いちゃったよ」

今度は長いチンチンを根元まで一気に挿入。
優希まこと「気持ちいい」

抱き合って下から天河が突き上げる。
天河「どう?」
優希まこと「気持ちいい」

正常位。

正常位から顔射してお掃除フェラ。
天河「長いのどう?」
優希まこと「長いの気持ちいい」

セツネが挿入。
やっぱり歯を食いしばってキツそう。

セツネも顔射。

そして判定。
優希まこと「どっちも……」
と逃げようとするが通用せず、
優希まこと「えー……」
ガチで困っている感じ。

優希まこと「どっちだ ん…… んーと えっ……」
ってここで暗転。そりゃないぜ。

シーン6

最後は業界一の巨根という紹介で、ウルフ田中が登場。

優希まこと「太いタイプですね 太い!」

咥えるが亀頭で引っかかる。
優希まこと「このカリの山を乗り越えられない(笑)」
セツネがかすむ巨根、圧倒的ですね。

デカチンをいじめてほしいという事でビンタ。

ウルフ田中がMという事で優希まことが責めます。

騎乗位で挿入。
優希まこと「おっきい」
キツそうだけで根元まで一気にいきました。

優希まこと「んんっ あぁ おっきい……」
今までのチンチンとは反応が全然違いますね。

ウルフ田中に突き上げさせる。しかもビンタしながら、
優希まこと「もっと もっと」

背面騎乗位。
すげー、ウルフ田中相手にグリグリ動かす。

ピストンも激しい。

バック→正常位で顔射。お掃除フェラも。

感想

チンチン比べに特化した作品で面白かった。楽しく興味深そうにチンチンを見たりいじったりする優希まことがかわいかったです。男優人もちゃんとデカチンを揃えていましたね。

3Pでは男優が競い合うのが勝負っぽくて良かった。でも男優のアピール合戦になるので前に出過ぎて、優希まことの自発的なコメントが少なく感じた。

最後はウルフ田中相手にSっぽくガンガン責めていて凄かった。マンコが小さいって言われていましたが、デカチン相手でも全然いけてる。

収録時間:119分
出演者:優希まこと
監督:坂本優二
シリーズ:デカチン味くらべ
メーカー:アリスJAPAN
レーベル:アリスJAPAN

DMM.R18 デカチン味くらべ 優希まこと

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

期間限定セール(毎週作品更新)

return top