黒人チンコに慣れた長身美脚モデルを相手に日本のAV男優が頑張るもイカせられず

「NYで活躍中の日本人モデル」というふれこみの金澤セレナ。日本人離れした脚の長さで美人。黒人のマイクと付き合っていたということで、デカチン耐性が高すぎて、黒田悠斗やセツネヒデユキが挿入しても平然としており、時おり笑顔を見せる余裕もありました。AV慣れしていなくて素人っぽいんだけど、AV男優が必死に頑張ってもイカせられないという難しさが面白かった。
(DMM.R18 NYで活躍中の長身美脚現役日本人モデル 金澤セレナ 逆輸入AVデビュー)

シーン1

ニューヨークで活躍する現役モデルということで飛行場で待ち合わせ。
あくまで「設定」という感じではありますけど、女優はモデル系の美女。

車で移動。日本は約2年ぶりという。
ダンスで留学してモデルに転身したという話ですが、やや設定が甘い。
でも笑顔を見せながら受け答えはできる。

ホテルに到着。スタイルはモデルというだけの説得力あります。

改めて自己紹介をしてもらう。
金澤セレナ「20歳です」
と言う時にごまかすような笑いがあったので年齢はサバを読んでいそう。車内で住んでいる場所を聞かれた時も「ブルックリン」と答えて同じように笑っていました。ウソが苦手みたい。

全身撮影。
監督「カメラに入りきらないですよ うわ すごい」
股下を測定。83cmでした。

インタビューの中でアメリカ人とエッチをしていたのか聞く。
金澤セレナ「してましたね」
監督「どんな方ですか?」
金澤セレナ「黒人なんですけど マイクって名前で」
監督「そのマイクさんは どんな関係なんですか?」
金澤セレナ「彼氏です 元カレです」
黒人のエッチは激しかったとも言う。チンコも、
金澤セレナ「けっこう大きかったです」
性感帯は、
金澤セレナ「首筋とか乳首とか舐められるの好きです」
好きな体位は、
金澤セレナ「寝バックが好きです」
監督「その高身長でベッドに寝て」
金澤セレナ「はい」

インタビューの後、裸を見せてもらうことに。
まずは上からゆっくり脱いでもらう。スタイルは本物モデルという感じなので、モデルの脱衣として有難味がある。
上半身裸の状態を舐めるように撮影。

下も脱いでもらいパンイチでポーズ。

パンイチで座る。

服を着ていた時と同じアングル。

そしてパンツまで脱ぐ。
監督「恥ずかしい?」
金澤セレナ「はい」
少し脚を開いてもらった状態で、しばらく撮りまくる。

座った状態も撮りまくる。モデルということですのでね、裸体をしっかり撮っています。
監督「中よりクリ派ですか?」
金澤セレナ「中も好きです」

監督「ここに黒人さんのぶっといオチンチンが…… 最初エッチした時どうでした?」
金澤セレナ「もうなんか痛かったです デカすぎて」

M字開脚でもじっくり撮影。
監督「今どんな気分ですか?」
金澤セレナ「無です」

久しぶりに日本人のチンコを見るという。
男優が登場して横に並ぶ。下着の広告みたいではある。

チンコを見せて、
監督「マイクのほうがおっきい?」
金澤セレナ「マイクのほうがおっきいです」
さすがに黒人の元カレには勝てず。黒人と付き合っていた女にチンコを見せるのは勇気がいる。
監督「けっこうね 日本人は膨張率が高いから」
金澤セレナ「フフ」
監督「ちょっと手で感触たしかめてみます?」
金澤セレナ「はい」

握ると、
金澤セレナ「なんか日本人のほうが柔らかいです」
監督「へー あっ けっこう硬いんだ」

フェラを見せてもらう。

監督「さっきよりも大きくなってきた?」
金澤セレナ「はい」
監督「じゃあ口だけで舐めてみてください」
長身モデルに仁王立ちフェラをするのも良いもんです。

しばらくフェラ。

乳首舐め手コキ。
監督「これでイカせたことあります? こういうので」
金澤セレナ「あります」

再びフェラ。視線が泳ぐ感じが素人っぽいです。
監督「どう?」
金澤セレナ「……」
AVらしい受け答えができないのも素人っぽい。無視しているわけではなく、困った笑顔で返しています。
黙々とフェラ。

続いて手コキ。

射精は舌に。
男優が自分でシコシコして、その間は舌を突き出して待ち続ける。
日本人とアメリカ人で精子の味は、
金澤セレナ「そんな変わんないです」

シーン2

いよいよ初カラミへ。
監督「緊張してる?」
金澤セレナ「緊張してます」
たしかに少しこわばった表情。

男優は黒田悠斗。
黒田悠斗「股下が全然違いますね 男なのに負けちゃってるもん」

AVでの初キス。黒田悠斗が見上げる姿勢。
黒田悠斗「キスがなんか 向こうの人っぽいね 舌絡めてきたね」
金澤セレナ「アハハッ」
黒田悠斗「ちょっと俺が緊張しちゃうよ」

遠い視点で腰の高さを見るとモデルとヤってるなぁという感じがする。
キスしながらお尻を揉む。

おっぱいを見て、
黒田悠斗「まだ寝てるね 乳首が」
乳首をコネコネして起こします。
黒田悠斗「だんだん起きてきた」

感じる演技ができなくて棒立ちで受けているのが新鮮。デビュー作ならでは。本当に素人娘という感じが良いです。

首舐めされるのが好きと言うが、
黒田悠斗「身長高すぎてさ 首追いつかないよ」

喘ぐことはなく、反応に困っている感じ。
でも笑顔は見せている。

男の上でM字開脚をすると脚の長さがよくわかる。
黒田悠斗「脚長い すごい」

脚の付け根から触って手マン。意外にもクチュクチュ音が大きくて、
金澤セレナ「クチュクチュいってる(笑)」
喘いだりはしなかったですが、体はしっかり反応していました。
黒田悠斗「セックスは好き?」
金澤セレナ「好きです」

カメラに向かってマンコくぱぁ。

クンニでは少しだけ息を漏らす。でも基本的には硬い反応。

黒田悠斗「黒人の人って どんな前戯するの?」
金澤セレナ「キスと……キスが長いです」
クンニされながら普通に受け答えするのが面白い。男優からしたら、まったく感じさせられていないみたいで焦りそう。

長い脚が際立つ体勢で手マン。
黒田悠斗「オチンチンって大きいの? 向こうの人」
金澤セレナ「そうですね けっこう」

ちょっとだけ息を漏らして感じる反応が増えてきた。
黒田悠斗「拡がってきたよ」

黒田悠斗「元カレと比べて小っちゃかったらどうしようか 小っちゃくても怒んないでね」
金澤セレナ「はい」
黒田悠斗でさえチンコを見せるのを躊躇する状態。
パンツの上からチンコを触ってもらいながら、おっぱいを揉む。

脚を組んで座る姿が様になります。
金澤セレナ「すごい割れてる 腹筋」
黒田悠斗「好きなの?」
うなずく。

パンツを脱いですぐにフェラしてもらう。
口で隠してもらって、じっくりと見せない男心か。

黒田悠斗「咥えた感触どう? 元カレと比べて」
チンコを眺めて、
金澤セレナ「同じぐらい」
黒田悠斗「大きさ? ホント? ちょっとテンション上がったな 今」
黒人のマイクと同じぐらいだと言われる。

四つん這いでフェラ。

足コキ。上手くチンコをつかめなくて、
黒田悠斗「難しい?」
金澤セレナ「難しいです」
ホントに初めての足コキっぽくて良いです。

膝の間に挟んでピストン。
黒田悠斗「今から何するの? カメラの前で」
金澤セレナ「……エッチ」

立って後ろから挿入しようとするが、穴の位置が高い。

挿入時もほぼ無反応。
黒人チンコに慣れて、日本のAV男優のチンコが通用してない感じがM的には良いです。

ここでもたまに息を漏らす反応。
演技のない生々しい反応。

挿入したままの体勢変更も余裕な感じ。

背面座位。
黒田悠斗「元カレのと比べてどう? 入れた感触違う?」
金澤セレナ「……」
返す言葉が出てこない。

黒田悠斗「自分でおっぱいめくっちゃおうか 慣れてきた? 裸見られるの」
金澤セレナ「フフフ」
とりあえず笑ってごまかす。

対面座位。
黒田悠斗「けっこう奥まで入れるね」

黒田悠斗「どう? 久しぶりの日本人のオチンチン」
金澤セレナ「気持ちいい」

長身女性を持ち上げて駅弁。

立位では少し喘ぎ声が大きくなる。

黒田悠斗「並の男じゃ吊り合わないね こんだけスタイルいいと」

黒田悠斗「激しいのどれくらいだった? もっと?」
金澤セレナ「もっと」
黒田悠斗「もっとだった?」
マイクは激しかったみたい。

激しくすると喘ぎ声も出るようになってくる。
最初は無言だったので、セックスしていく中での変化が見られて良いです。

バック。チンコを挿入する時に平然とした表情なのは、デカチンのマイクとやりまくっていたという説得力がある。

背面立位。

背伸びをして立ちバック。それでもパンパンと激しくピストン。

黒田悠斗「あぁイキそうだよ」

イキそうになったので締めの正常位。

笑顔を見せる余裕があります。
素人っぽいんだけど、セックスは黒人に慣れていて手強い感じ。

正常位から舌上射精。

黒田悠斗「先っぽ舐めて」
軽くお掃除フェラ。

シーン2

セツネヒデユキとのカラミ。
セツネ「久しぶりの日本人どうだった? オチンチンとか」
金澤セレナ「柔らかかったです 黒人と比べて」
セツネ「あ 黒人さん硬いんだ」

黒人の元カレは使わなかったという電マで攻める。

髪が顔にかかり、それをかきあげるしぐさがモデルっぽい。

フェラ。普段は自分のチンコの感想を聞きたがるセツネも今回は聞けない。
フェラさせながら電マも使います。

正常位で挿入。
セツネ「どう? 黒人と比べて」
金澤セレナ「……」
言葉が返せないので、
セツネ「気持ちいい?」
金澤セレナ「はい」

セツネ「いいとこに当たってるでしょ」
金澤セレナ「……」
どう返していいかわからないといったような困った笑顔。

抱き抱えて移動。
セツネ「痛くない?」
金澤セレナ「大丈夫です」

立ちバック。

背面座位。

立ちバックをしていましたが、腰の位置が高すぎたのでベッドで四つん這いになってもらう。

けっこう長時間ピストンされていますが、余裕のある笑顔がエロい。カリデカのチンコでも平然と受け入れています。
セツネ「イキそう?」
金澤セレナ「……」

さらにピストンを強めると感じ方が激しくなって足もピョンと上がる。
セツネ「イキそう?」
金澤セレナ「……」
でも連続スルー。

セツネ「これ以上突いたらどうなっちゃう?」
金澤セレナ「……」

金澤セレナをイカせる前にセツネがイっちゃいました。

シーン3

電マを使ってのオナニー。

勃起した男優が登場し、脚にチンコを擦りつけまくってから足コキをしてもらう。
最後は相互オナニーから脚に射精。

シーン4

イセドン内村、イエイ高嶋との3P。

感想

日本人離れした脚の長さのモデル体型の美人で「NYで活躍中のモデル」という設定に説得力がありました。エピソードは浅めでしたけどね。本物のモデルのセックスを見られるという有難味がありました。

素人っぽさも魅力で、AVらしい受け答えが出来ずに困ってとりあえず笑うという反応が多かった。前戯や挿入でもほとんど喘げずに、たまに息を漏らす程度で、目が泳いでいたり、まったく感じた反応を見せなかったりとAVっぽい演技がなかったのもデビュー作ならではの面白さ。素人女性vsAV男優の生々しいカラミになっていました。

黒人のマイクと付き合っていたということで、チンコの大きさを比べたりするやりとりが面白かった。黒田悠斗やセツネヒデユキが挿入しても平然としており、本当に黒人チンコのサイズに慣れている感じもありました。セツネが「イキそう?」と聞いてもイクことはなく、黒田悠斗の時もイっていませんでしたし、素人女性っぽいけどセックスは黒人とやりまくっていて手強いという印象。AV男優が頑張ってもイカせられない手強さと敗北感が良かった。挿入中に見せる余裕の笑顔も刺激的でした。

モデル系の長身AV女優として、かなり良かったです。2本目も発売が決定しているので期待。

収録時間:176分(HD版:176分)
出演者:金澤セレナ
監督:TAKE-D
メーカー:アイデアポケット
レーベル:ティッシュ

DMM.R18 NYで活躍中の長身美脚現役日本人モデル 金澤セレナ 逆輸入AVデビュー

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ内タグ:シロウトTV

インフォメーション

Eメール:tengusan@erokin.com

サーバー:DreamHost

return top