友達の彼女を騙してハメてチンコを比べさせるけど簡単には認めない彼女が「こっちのほうが気持ちいい」

友達の彼女を寝取るオーソドックスな寝取り物ですが、戸田くれあのかわいさと演技が光った。騙されて寝取られる展開なので、抵抗感を見せ続ける戸田くれあが少しずつ変わっていく反応が良かった。「ユウスケのチンポとどっちがいい?」と比べさせたがる男ですが、中々答えない彼女。3回目に聞いた時に、ようやく素直に認めた。>>感想
(Hey動画 月額見放題プラン 戸田くれあ – 友達の彼女を騙してハメちゃいました)

シーン1

くれあとユウスケが付き合っていて、ユウスケの友達の家に2人で遊びに行く予定でしたが、ユウスケより先にくれあが到着。
2人は顔見知りみたいで、仲良くお喋り。
男「先 飲んじゃおう 飲みながら喋ろう」
戸田くれあ「そうだね」

かわいいだけじゃなくて演技もナチュラルな戸田くれあ。隠れた逸材だと思います。
この男に女友達を紹介してあげるというやりとりもナチュラルにこなす。このやりとりで、男は戸田くれあみたいな子がタイプだと言う。
冒頭のお喋りは10分近くある。演技がナチュラルだから長時間のお喋りも問題なく、男とその友達の彼女という関係の雰囲気を上手く作れた。

10分ほどお喋りして酔いも回ってリラックスしている。
男「くれあちゃんってさ 何人ぐらい付き合ってきたの?」
戸田くれあ「何人ぐらいかなぁ」
男「その事 ユウスケ知ってるの?」
戸田くれあ「知ってる知ってる」
男「そうなんだ 別に過去の彼氏のこと聞いてこない?」
戸田くれあ「んー 聞いてきても濁すかな 私が聞きたくないし」
男「ユウスケの付き合ってきた女の子の事を教えてあげよっか」
戸田くれあ「いらん もうそんなのいらない」
男「気にしないタイプ?」
戸田くれあ「んー嫌だ モヤモヤしちゃうから 過去に嫉妬しちゃうから」

過去に嫉妬するほど彼氏のユウスケが好きみたい。
男「相当好きじゃん ユウスケのこと」
戸田くれあ「好きだよ」


ちょっと強引に引っ張ってくれる男が好きという話を聞いた後で、強引にキスをしてみる男だけど怒られる。
男「怒った?」
戸田くれあ「怒るよ そりゃ怒るよ」

拒絶されて、
男「じゃあこの事 ユウスケに言っちゃおうかな」
戸田くれあ「なんで!? 嫌だよ 言わないでよ」

かなりのクズっぷりを見せる男。しかも、ユウスケは来ないと言う。

おっぱいをツンツンした後に隠しカメラを取り出して、
男「ほら 全部撮ってたから」
戸田くれあ「は!? ちょちょちょ 意味わからないんだけど」
男「これユウスケに見せよっかなぁ キスしてるとこだけ編集して」
戸田くれあ「やめてよ」
男「やめてほしいの? じゃあ俺の言うこと聞いてくれる?」
戸田くれあ「それも嫌だ」
男「じゃあ見せちゃう」


男「続きしようよ ねぇ」
戸田くれあ「本当に見せないって約束してくれる?」
男「絶対見せないって」

涙目になり、覚悟を決めたような諦めの笑みを見せる。ガチでやっているかのような極まった演技。

戸田くれあ「わかったわかったわかった わかったよ」
と言われて即キス。
男「ユウスケとどれぐらいヤってないの?」
戸田くれあ「ちょっと」
男「ヤってないでしょ?」
戸田くれあ「ちょっとね」

欲求不満ではあった戸田くれあ。
男はそれを知っていたみたい。

服の上からおっぱいを揉んで、
男「ほらほら 服汚れちゃうよ」
渋々と服を脱ぐ。カメラに撮られている事に改めて気付いて体を隠すが、
男「くれあちゃん 自分で脱いだよね そこだけちょっと編集してユウスケ見たらどうなるかな?」
戸田くれあ「違う 脱がされた……」

最低な脅しをする男。
戸田くれあ「もう最低っ」
男「言うこと聞いてくれるんでしょ ねぇほら」


男「すごい いい胸してるね」
ブラの上からおっぱいを揉むけど顔を背けられる。
男「ホントはこういう風に ドキドキしながらするのが好きなんじゃないの? 内緒のほうが」
首を横に振って否定。

男「ほら感じてんじゃん 乳首こんなに勃ってるじゃん」
これも否定するけど、感じているところも隠しきれない。
男「ユウスケじゃ物足りないんでしょ ねぇ」
ちょっと悔しそうな表情も良いです。
ブラを取り、
男「ユウスケが言ったとおり」
戸田くれあ「なにが?」
男「おっぱいデカいって ほらアイツそういう奴だよね」
戸田くれあ「もう何も言わない」


耳舐めや首舐めで感じる戸田くれあ。
男「ユウスケここまでしてくれる?」
腕を上げて腋を見る。
男「どうしたの? 恥ずかしいの?」
腋舐めから腕舐め。
男「ユウスケより くれあちゃんのこと愛せる自信あるよ ホントだって」
おっぱいを舐める。声が漏れちゃって、
男「けっこう声出るんだね ユウスケがさ 全然声出してくれないって言ってたんだけどさ 全然声出るじゃん」
戸田くれあ「そんなこと言ってたの?」


パンツを脱がして、
男「ユウスケが言ったとおりだ 毛無いや 冗談だと思ってた」
戸田くれあ「だってユウスケこっちのほうが好きだから」
男「ユウスケのためにやったの? 相当好きだね」


クリを刺激してから開いてみると、
男「あれ おかしいな ユウスケの話だったらさ あんま濡れないんだよねって言ってたけどさ めちゃめちゃ濡れてんじゃん ほら」
戸田くれあ「やーだ 伸ばさないで」
男「ユウスケの時はこんな濡れないんでしょ? 全然濡れてんじゃん」
戸田くれあ「伸ばさないで」
男「だって伸びるから仕方ないじゃん」

糸を引いて見せたり、再びクリを刺激したり。

声を漏らして感じつつ、首を横に振って否定。
男「彼氏じゃない指が入っちゃったよ」
戸田くれあ「言わないで」
男「ほら 言ったほうがもっと興奮するんでしょ ねぇ すごい濡れてきてるもん」

首を横に振るけど、クチュクチュ音が響く。

うんこ座りをさせる。
男「こんな格好 ユウスケに見せたことある?
戸田くれあ「ない」

恥ずかしくて屈辱的な良い表情。
この恰好で手マン。

ベッドに寝かせて、
男「ユウスケは ここ舐めてくれるの?」
戸田くれあ「舐めてくれない?」
男「舐めてくれないの? 寂しいね」

舐めるのを焦らして、
男「舐めるのやめようかな」
戸田くれあ「やだ」

ここで初めて求める。
慣れないクンニをされると声を出してビクビクしながら感じる。

戸田くれあ「あぁダメ イっちゃう……」
イキそうになってからしばらく耐えるが、
戸田くれあ「あぁダメ…… あぁダメ イクッ……!」
撃沈。

男「イっちゃったの? ねぇ?」
戸田くれあ「うん……」

ごまかせる状況じゃないので素直に認める。
男「ユウスケの時 イったことある?」
戸田くれあ「ない」
男「どうだった? イカされて」
戸田くれあ「気持ちかった」


男「じゃあ今度 気持ち良くして」
グッタリしている戸田くれあにチンコを近づけると握ってゆっくりシコシコ。

ゆっくり口を近づけてフェラ。
男「すっごい気持ちいい ユウスケにもやってたんでしょ」
戸田くれあ「うん」
男「ホント上手だね」


エロい顔して、ゆっくり舐めたり咥えたり。

中指と薬指に挟んでの手コキもエロかった。
皮をがっつり被せて剥いての繰り返し。
これをアップで撮るという。

男「ユウスケのチンポとどっちがいい?」
困って首を振り、
戸田くれあ「比べられない」
彼氏を持ち上げない時点で落ちてる気もします。
そう言ってまた咥える。

物欲しそうな目でフェラと手コキをしていたので、
男「強引なのが好きなんでしょ ほら」
押し倒して正常位で挿入。
男「すんなり入ったね」
戸田くれあ「あっ あっ んっ!」


男「どうしたの?」
戸田くれあ「んー 恥ずかしい」
男「ユウスケのより気持ちいい? これだったら比べられるでしょ ねぇ ねぇ」

喘いで答えてくれないけど、
戸田くれあ「あぁダメッ 気持ちいいっ!」
ピストンを止めて、
男「何て言った今?」
戸田くれあ「何も言ってない」
男「何か言ったよね?」
戸田くれあ「何も言ってない」
男「え じゃあ確認してみる? 今これで」
戸田くれあ「やーだ」
男「じゃあほら 何て言ったか自分で言ってごらん」
戸田くれあ「……気持ちいいです」


股を閉じさせてピストン。
戸田くれあ「これ気持ちいいっ……」

四つん這いでアナルを舐めてからバックで挿入しようとするが、
男「早くチンコ欲しいんでしょ?」
戸田くれあ「欲しくない」
男「ホントに?」
戸田くれあ「欲しくない」
男「じゃあ もう止めちゃおっか」
戸田くれあ「やだ」
男「どっち? こっち向いて 何?」
戸田くれあ「オチンチンください」

この言わせ方は良かった。表情の微妙な変化もめっちゃかわいい。
Image from Gyazo
バックで挿入。
お尻もキレイ。
男「すっごいキレイなお尻の形だね」

男「そろそろユウスケのとどっちがいいか わかったきたでしょ ねぇ どっちがいいの?」
戸田くれあ「こっちのほうが気持ちいい」

ようやくはっきり認めた。

戸田くれあ「あぁダメッ イっちゃうぅ!」
ピストンを止めて、
男「どうしたの? イっちゃった?」
戸田くれあ「うん」

腕を引いて持ち上げて、おっぱいを触りながら突く。

男「じゃあ今度はさ くれあちゃんが動いて」
騎乗位でグリグリしたりピストンしたり。
寝取ってきた相手に対して腰を動かすのがエロいです。

戸田くれあ「動くの苦手」
と言いつつ後ろに手をついてピストン。

激しいピストンで、
男「あれ? 動くの苦手って言ってなかった?」
戸田くれあ「はぁはぁ…… 苦手だよ」


締めの正常位でおっぱいがブルンブルンと揺れる。
戸田くれあ「あぁイクゥ!」
男「またイっちゃったの?」


男「あぁ気持ちいい このまま中に出しちゃっていい?」
戸田くれあ「ダメッ!」
男「なんで?」
戸田くれあ「ダメ」
男「ユウスケと中に出したことないの?」
戸田くれあ「ないっ」
男「いいでしょ?」
戸田くれあ「やだ 妊娠しちゃうじゃん」

でも中出し。

男「どうだった?」
戸田くれあ「気持ち良かった」
男「そうでしょ じゃあさ また今度 うちに飲みにおいでよ」
戸田くれあ「それはしない」

簡単に落ちないから面白い。あえてこういう態度で寝取られるのが好きなのか、本当に拒否したいのかは濁らせる。
でも撮影しているので脅す男。
最後は渋々と、
戸田くれあ「わかった」

感想

戸田くれあがかわいくて、そして演技の上手さが光った。オーソドックスな寝取り物だから演技次第で良くも悪くもなる。冒頭10分の友達同士のナチュラルなお喋りで雰囲気を作り、男に強引に迫れて、さらに脅されて体を許す。心までは許さない中、少しずつ反応が変化していく過程が良かったです。

彼氏のユウスケのチンコと「どっちがいい?」と比べさせますが、簡単には答えてくれない。3回目でようやく「こっちのほうが気持ちいい」と言うのも良かった。あっさり落ちすぎないので攻め甲斐がある。

顔がかわいいのでフェラと手コキも良かった。特に中指と薬指に挟んでの手コキがエロかった。ヌチャヌチャした手とチンコで、皮をがっつり被せながらの手コキ。彼氏の友達にやっているというシチュエーションも良い。

良い友達関係 → クズ男の脅しと彼女の抵抗 → セックスで落ちていく、という展開に演技の上手さで見入っちゃいました。最後もちょっと濁したような感じがあり、続きが見たくなるほど。

動画:66分
出演:戸田くれあ

Hey動画 月額見放題プラン 戸田くれあ – 友達の彼女を騙してハメちゃいました

Hey動画 単品販売 戸田くれあ – 友達の彼女を騙してハメちゃいました

天然むすめ 友達の彼女を騙してハメちゃいました

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ内タグ:シロウトTV

インフォメーション

Eメール:tengusan@erokin.com

サーバー:DreamHost

return top