HIKARIが普通チンコとウルフ田中の巨根を比較「すごい全然違う 太さも 亀頭の大きさも全然違う」

HIKARIが普通サイズのチンコとウルフ田中の太いチンコを比較。同じ生物のモノとは思えないほどの差があり、「いやっ えっ だって別にこれ普通だけど 小っちゃくみえるもん」「こっちもこっちで好きなんだけどね フフフ」と、普通チンコに気を遣っているところも素直な反応でした。後半はウルフ田中の太いチンコを挿入してガチでキツそうでした。
(一本道 デカマラ HIKARI)

シーン

いきなりHIKARIちゃんがチンコを触って見ているところから。
監督「HIKARIちゃん 機嫌悪い?」
HIKARI「期限悪いっていうか なんだろう ちょっと想像してたチンコじゃない……」
チンコのサイズに不満らしい。
HIKARI「ちょっと違ったよ なんか期待外れ」
シンプルだからこそ効くチンコなぶり。剥けてて普通サイズくらいなのに、見ただけでガッカリされちゃうという。
監督「でっかくない?」
HIKARI「いやなんか『すごいデカチンくる』みたいな感じだったから…… もうちょっとおっきいかと思った』

監督「もうちょっと育つ……予定」
と言われてシブシブ触るHIKARI。
仕方なく相手してもらっている感じが情けなく、屈辱的でもある。

っとここで監督からネタバラシ。このチンコは今日の男優さんではなく、デカチンの男優は遅れて来ると言う。
それを聞いて機嫌が直るHIKARI。暇つぶしに普通チンコを責める。
HIKARI「どれぐらい成長するの?」
男優「もうちょっとは……」
HIKARI「おっきくなーれ♪」

ガマン汁をペロッとするところからフェラ。

HIKARI「あっ おっきくなった(笑)」

フェラと手コキを続けて、
HIKARI「だいぶ成長した もっと大きくなる? なんない?」
男優「これぐらいですかね……」
女の子の期待に応えられないチンコが哀しい。
HIKARI「もうちっと頑張ってみて」

ここでウルフ田中が登場。
ウルフ田中「おはようございます」
HIKARI「あっ 彼?」

来るなり「見して見して」と言われてパンツを脱いでチンコを出す。
HIKARI「おっ! 見てー やっぱ違うじゃん ほら ちょっと来て来て来て」
2本のチンコを引っ張って近寄せる。

ウルフ田中のチンコをマジマジと見て触り、
HIKARI「えー すごいね」

HIKARI「おっきいー やばっ」
こうやって普通チンコと比較すると、同じ生物のチンコとは思えないような差がある。ウルフ田中とSEXした女優は、こんなデカいモノを挿れてたんですねぇ。
HIKARIちゃんは驚きつつ、ちょっと引いちゃっているようにも感じる。

HIKARI「すごーい」
とウルフ田中のチンコを見た後に普通チンコを見て固まる。

HIKARI「フフッ」
ごまかし笑いのような反応が面白かった。粗チンを馬鹿にした笑いではなく、申し訳なさも含むような笑い。用意されたなぶりのセリフよりも、リアルに気を遣われるほうが生々しい痛さがありますね。

HIKARI「いやっ えっ だって別にこれ普通だけど 小っちゃくみえるもん」
普通だとフォローしてくれるのが逆に素直な反応すぎて効く。

HIKARI「入るかな?」
限界まで口を開けるが亀頭でひっかかる。
HIKARI「全然入んない口ん中」

HIKARI「わぁー さっきよりおっきくなってる」

普通チンコを見て、
HIKARI「こっちもこっちで好きなんだけどね フフフ」

普通チンコもフェラしてくれるけど、おちょぼ口でも咥えられちゃう。比較として面白いですね。片方は「全然入んない口ん中」って状態だったのに、もう片方は余裕で咥えちゃう。これも言葉のなぶりよりもサイズの差を痛感する。

交互にフェラするけど、やり方が全然違う。
HIKARI「全然 奥まで入んない」

改めて2本を見比べて、
HIKARI「すごい全然違う」

HIKARI「もっとおっきくなってきた すごい」
まさかウルフ田中のチンコを、こんなドアップで見ようとは。
HIKARI「アゴ外れそう」

ウルフ田中のチンコには「アゴ外れそう」という状態だったのに、普通チンコは根元まで余裕。なぶっているわけではないでしょうけど、交互にフェラすると粗チンをなぶられているような感じになる。

じっくりと比較。
HIKARI「すごい全然違う 太さも 亀頭の大きさも全然違う」
見比べた後に再び交互にフェラ。

HIKARI「ねぇねぇ もっと近づいて」
残酷なダブルフェラ。

しばらくフェラと手コキを続けて、
男優「なんか イっちゃいそう」
HIKARI「え? もうイっちゃうの?」
サイズで負けて持続力でも負ける。

まず普通チンコの男優がフェラで口内射精というオチだけど擬似っぽい。射精直前にカットがあって、そこから咥えっぱなしでチンコがフニャフニャのまま口内射精。

ウルフ田中も口内射精。

シーン2

ウルフ田中と1対1でのカラミ。

パンツの中に手を入れてチンコを触る。
HIKARI「おっきい すごい熱くなってるもん」
ウルフ田中「また勃起しちゃいました」

チンコを出してフェラ。
HIKARI「やっぱおっきいね」
乳首もいじる。
HIKARI「乳首触ったら もっと大きくなる?」

HIKARI「こんなおっきくなるんだね」

HIKARI「すごい亀頭パンパンになった」
でっかい亀頭をつまむ。

普通のカラミなのでウルフ田中も攻める。
おっぱいを揉んで舐める。

パンツの上から手マン。
ウルフ田中「食い込みがやらしいですね」

パンツを脱がせてマンコをぱっくり。
ウルフ田中「小さいですね」
確かに小さいマンコ。この小ささでウルフの太いチンコを挿入して大丈夫なのか。
HIKARI「入るかなぁ このおっきいチンコ」

クンニと手マン。

シックスナイン。
HIKARI「あぁ おっきい 早く挿れたい」

激しいクンニで、
HIKARI「イクッ! イクッ! ああっ!」

HIKARI「ガマンできない……」
イった後にフェラして挿入を求める表情がエロいです。左手でチンコをコネコネしています。

手首と太さ比較。
HIKARI「手首と同じぐらいある うそ 手首より太いかもしれない」
本当に手首より太い。

正常位の体勢になって、
ウルフ田中「入ったら ここまで」
HIKARI「すごい奥まで入るの」

小さいマンコに亀頭を挿入すると少しジタバタして、
HIKARI「まだ まだ全部入ってない?」
ウルフ田中「まだ3分の1」

ゆっくり挿入しているだけですが、HIKARIの喘ぎ方が激しいしキツそう。

HIKARI「ああっ! ううっ! う…… おぅ!」
拷問的な挿入で余裕がないリアクション。マンコが小さいのも確認しているので、人一倍きついかも。

奥まで入った時の反応が特に良いですね。
HIKARI「おっ……きい……」
ウルフ田中「凄い狭いですね」
奥に入るたびに「ううっ」「ああっ」と悶えるような声を出す。

チンコを抜いて、
ウルフ田中「ここまで 奥まで入ってます」
HIKARI「はぁはぁはぁはぁ」
息を切らせるばかりでコメントが出てこない状態なところに凄まじさを感じる。

HIKARI「すごい奥まで入りゅ…… ううっ」
コメントを上手く発せられないし、呼吸を整えるのに必死。右手は服をギュッと握って力が入っている。

HIKARI「すごい入ってる」

結合部のアップ。腕を突っ込んでるみたい。
HIKARI「あぁ おっきい」

側位。キツそうなのは変わらず。

激しく突かれて、
HIKARI「そんなっ……奥ダメッ……!」

バック。
HIKARI「チンコ 子宮まで当たってる」

HIKARI「ああっ イっちゃうぅ……!」
バックでイってぐったり。

再びピストン。
HIKARI「カリがひっかかって気持ちいいぃ」

チンコを触りながらバック。
HIKARI「すごい……太い 太くて硬い ああっ すごいおっきい」

座位と背面座位。
HIKARI「あぁすごい奥入ってる」

全裸にして手マンで潮吹き。

正常位。長時間挿入しても慣れていない様子。
HIKARI「あぁ大きいチンポ入って……くぅ……」
いかにもセリフっぽいコメントだけど、上手く言えていないところに伝わってくるものがある。

ここでも結合部ドアップ。

フィニッシュは半外半中出し。
口内射精は擬似っぽかったけど、最後はガチをアピール。

終わった後も息を切らしてビクビクしている。
しかも精子に少し血が混ざっていた。

感想

巨根物として面白かった。

シーン1は普通チンコと巨根の比較で、HIKARIのリアクションがわりとナチュラルだっただけに、狙っていない粗チンなぶりにもなっていました。普通チンコに気を遣ってあげていたのが、上辺だけのなぶりよりも痛々しい感じ。フェラをしても自然と差が見えちゃっていましたしね。そしてウルフ田中はデカすぎた。こうやって比較すると同じ生物のチンコとは思えないような差があった。

シーン2はHIKARIのリアクションがこれまた生々しくて良かったです。普通よりも小っちゃいマンコのHIKARIにウルフ田中の尋常じゃない太さのチンコが入るわけですから、かなりキツかったと思うし、リアクションからも見てとれた。自然なリアクションの中に、いかにもセリフっぽいコメントもあるのですが、それが上手く発せられなかったしてガチで厳しかったんだと思う。冒頭では大いチンコを求めていたわりに、いざ挿入するとかわいらしい反応になるところが面白かった。

時間:1時間11分39秒

一本道 デカマラ HIKARI

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

return top